震災から10日経ちまして…

東北地方太平洋沖地震から10日が経ちましたが、相変わらず被災地では悲惨な生活が続いているとのことです。こういう時は募金程度しかできないのが何とももどかしいのですが、彼らに一日も早く救助の手がさしのべられますように   .

まだまだ余震が続き、予断の許されない状況ですが、Google Mapを使って一連の地震を可視化したものがありました。

JapanQuakeMap


全て見終わるには少々時間がかかりますが、このJapan Quake Mapによると、3月11日から20日現在、600を越える地震が起きていることがわかります。左側が地震の起きた場所と地震の深さを色によって変えることによってより見やすくし、右側では地震の起きた時間とマグニチュードが表示されています。

このMapをみていると打ち上げ花火のフィナーレ状態の地震の連続で、東日本が大爆撃を受けているようにも見え、よく東日本の陸地がなくならないものだと思ってしまうほどです。
そして対照的なのが西日本の静けさ…
経済や明るい話題は西日本にまかせるより他なさそうだなぁ。。。

Japan Quake Mapを見てみる

つづいて首都圏を中心とする物資の買い占め状態にはこの方がお怒りのようです。

買い占めするならカネ送れ ‐ ニコニコ動画(原宿)


うーん。。。
総統閣下はいつになく正論を述べておられるぞw
首都圏では、一部の人が物資を買い占める→買い占める気のない人も不安になって買い占め→物流が滞る→物資の欠乏→買い占める人が出る、の悪循環が続いている状態です。彼ら、オイルショックの時から何も学んでいないようだなぁ(-_-;)
物資の不足についてはみんなで分け合えば、できること。という画像も出回っていたりします。こんな時だからこそ、首都圏在住者としてはゆとりを持って、分け合っていきたいものです。

そして、ネットでは大船渡市で救助されたおじいさんのひとことが「はげまされた」といって話題になっています。

東日本大震災70代のおじいちゃん「また再建しましょう」- YouTube


何と朗らかで力強いひと言でしょう!
関係者の方々、違法なのは重々承知ですが、こういった動画は削除しないで下さい(-人-)

日本に帰化したラモス瑠偉さんも励ましの声を送っています。


大変なときだからこそ、みんなで少しずつ協力し合って乗り切りたいものです。
今回はチョット「クサい」文章になってしまったかな?
Myrthaもイロイロ動揺しているということでご勘弁をm(_ _)m


---その他記事は下記のサイトからどうぞ(順不同です)---

Dairy Mail Onlineの撮影した写真はこちら
Japan earthquake and tsunami: The moment mother nature engulfed a nation[魚拓]

こちらはアメリカのABC Newsの大きな津波の被害を受けた被災地の地震前と地震後の衛星画像です。画像を左右にスライドさせるとその被害の凄まじさがよくわかります。
Japan Earthquake: before and after

米軍の活躍を撮影した写真はこちらから。アメリカはどうしてこう見せ方が上手なのでしょうか?
Operation Tomodachi - a set on Flickr

計画停電の地域を可視化した地図はこちらから
東日本巨大地震 - 計画停電マップ

お見舞いのあった国、地域、団体の一覧はこちらから
お見舞いの表明のあった国,地域,国際機関一覧[魚拓]

最後に、義援金の寄付を考えている方はこちらのサイトを参考にしてみるのもよいかも知れません
募金情報まとめ - 平成23年東北地方太平洋沖地震

おかえりなさい♡

はやぶさの地球帰還に感動したのが昨日。
その翌日の今日にははやぶさの軌跡がニコニコ動画にてUpされており、わずか一日で10万アクセスというすごさです!

<完結編>探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力


そして、Googleの地図には建物を使った「WELCOME HOME HAYABUSA!」の文字まで!

はやぶさGoogleMap


はやぶさが最後に撮影したというこの写真は何度見ても、心打たれるものがあります。

はやぶさラストショット


暗い話題のの多い昨今の日本で、久しぶりに心晴れるニュースでした!
おかえりなさい&おつかれさまでした(-人-)

ちなみにJAXAによると、ウーメラ砂漠に落下したカプセルはこのようになっており、今月の18日に日本へ到着する予定なのだとか。
引き続き、はやぶさ情報から目が離せません!

はやぶさカプセル




「探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力」を見る場合はこちらからどうぞ。

迎え酒

マイコミジャーナルによると、はやぶさが4回目の軌道修正に成功して6月13日の地球への帰還が確実になったそうな。
そこで、満身創痍になりつつも地球帰還が確定したはやぶさの労をねぎらい、一足早い迎え酒というのは如何だろうか?

祝い酒は下記のラベルのお酒を つ よ く、希望する。
はやぶさ迎え酒はやぶさ迎え酒

これは、クリエイターのオレンジゼリー氏と企画日本酒蔵が宇宙航空開発機構(通称JAXA)からの画像提供により実現したもので、左側の「機械としての姿そのものの姿」であるはやぶさは深みのある「純米吟醸」を、右側の「擬人化(美少女化?)」のはやぶさは飲みやすく華やかな香りのある「純米大吟醸」をイメージした2本セットで、お値段は5,250円とのこと。

満身創痍になって奮闘したはやぶさのことを思えば安いものです。
弊日記を御覧のみなさまもお一つお手元に置いてみては如何でしょうか?

はやぶさ迎え酒の詳細はこちらから[魚拓]
はやぶさについてはこちらから

お知らせ

重大なる情報を得ましたので、ココにお知らせします。


クリスマス中止


そんなわけで今年もクリスマスは中止されるようです。
イエ。ナニ。
なまじクリスマスなぞが行われては喪女のMyrthaが大泣きするのでこれでよいのです。
内心では中止が決定されてほっとしております。

しかしこのネタを職場で言ったらみんな真に受けて信じ込んでいたなぁ。。。
どんだけ冗談の通じない職場なのだ?!


ステキさ加減から言えばbogusnewsもなかなかのものですが、年年、「中止宣言」が早まっていないか??

何とも残念だった・・・

巷では今日は46年ぶりの皆既日食とのことで盛り上がっていましたが、残念ながら雨天・曇天のため、Myrthaは日食を見ることが出来ませんでした。

そこで・・・
ネット上の動画サイトを探してみたところ、やはりありました!
すでに御覧になった方々もいらっしゃるかと思いますが、ここはひとつ記念にということでw

46年ぶりの皆既日食・太平洋上


46年ぶりの皆既日食・硫黄島


大昔だったら、「政治がよろしくないから天が警告を発している」「天変地異の前触れ」などといわれて大騒ぎされているところですが、現代では「天文ショー」として大騒ぎされているようですね。
ワタクシもいつか日食を見てみたいものです♪

日食情報データベースはこちら

予言者出現

マイケル・ジャクソンさんが他界され、死因究明が急がれている昨今ですが、なんと!
Yahoo!知恵袋に彼の死を予言するような書き込みがありましたですよ!
それが下記の書き込み。

マイケル・ジャクソン,余命6ヶ月。-Yahoo!知恵袋
マイケル・ジャクソン


質問日時が2009年1月19日の17時00分で、マイケル・ジャクソンの他界したのが2009年6月25日。
なにこれこわい。。。
背後には秘密結社でも絡んでいるのかしら・・・?

地球に優しい?

京都議定書やらハイブリットカーやら、バイオエタノールやら、二酸化炭素削減やら、
イロイロと騒がれていますが、下記のようなニュースを目にした。

弱る太陽 活動200年ぶりの低水準

太陽の活動が200年ぶりの低水準にまで落ち込んでいる。これまでのパターンだと再来年には活動の極大期を迎えるはずなのに、活発さの指標となる黒点がほとんど現れない。研究者も「このままだと地球はミニ氷河期に入る可能性がある」と慌て始めた。

 太陽の活動は約11年周期で活発になったり、静穏になったりというパターンを繰り返している。活動ぶりの指標が表面にシミのように見える黒点。黒点の周辺では爆発現象が多く起こり、黒点が多いほど、太陽の活動が活発だ。

 ところが、ベルギーの太陽黒点数データセンターによると、黒点の多さを表す「相対数」は08年が2.9で、過去100年で1913年の1.4に次ぐ2番目の少なさだった。今年はさらに減り、4月までの暫定値が1.2と、1810年の0.0以来の低水準に落ち込んだ。

 太陽から放出される陽子などの流れ(太陽風)も07、08年は過去数十年とまったく違う。静穏期の太陽風は遅い風が赤道に、速い風が北極と南極に集まるが、名古屋大太陽地球環境研究所の観測では、07、08年は赤道付近にも速い風が多く現れた。徳丸宗利教授は「太陽の磁場が弱まっている影響だろう」という。この磁場の弱まりも、黒点の減少と関係があるとみられる。

 太陽活動には数百年周期の変動も知られる。17~18世紀には約70年間、黒点がほぼ消え、欧州では英国のテムズ川が凍るなど「ミニ氷河期」に陥った。東京大宇宙線研究所の宮原ひろ子特任助教は「ここ1千年でも活動の極小期が5回あり、前回が1800年ごろ。歴史的には、そろそろ次の極小期に入ってもおかしくない」と指摘する。

 国立天文台の常田佐久教授は「X線や光も弱まっている。今後、再び黒点が増えても、従来のような活発さになると考える太陽研究者は少ない」と話す。(東山正宜)


うーん。。。
どのように考えればよいのだろうか?
1,温暖化キャンペーン終了のお知らせ
2太陽の黒点数と人類の経済活動との関係性
3,誰かの陰謀論
4,太陽的優しさ
5,日本沈没
6,環境問題のラスボス登場
7,宇宙規模で不景気
8,食料収穫量の減少と燃料需要の増大が終わりの始まり
9,地球温暖化防止対策に太陽も参加
10,

・・・ダメだ。10個目の考えが浮かばない。
こりゃ、温暖化が終わる前にMyrthaが終わるかもね。。。

太陽のこともよくわからないので、情報通信研究機構宇宙環境計測グループの
宇宙天気ニュースにまかせる!

63回目の…

「またこの日はこのネタか!」などといわれそうですが、鎮魂をもかねて   

Okinawa,then and now - Youtube



月桃(げっとう)ゆれて 花咲けば
夏のたよりは南風
緑はもえる うりずんの ふるさとの夏

月桃白い 花のかんざし
村のはずれの石垣に
手にとる人も 今はいない ふるさとの夏

摩文仁(まぶに)の丘の 祈りの歌に
夏の真昼は青い空
誓いの言葉 今もあらたな ふるさとの夏

海はまぶしい 喜屋武(きやん)の岬に
寄せ来る波は 変わらなねど
変わる果てない 浮世の情(なさけ) ふるさとの夏

6月23日 待たず
月桃の花 散りました
長い長い 煙たなびく ふるさとの風

香れよ香れ 月桃の花
永遠(とわ)に咲く身の花ごころ
変わらぬ命 変わらぬ心 ふるさとの夏

                            --「GAMA 月桃の花」より--

そう、1945年6月23日は「沖縄守備軍司令官牛島満が摩文仁司令部で自決し、
沖縄戦の組織的抵抗が終結した日」です。

この詩は、「GAMA 月桃の花」という、映画の主題歌です。
この映画のストーリーをどのように読み取るかは各自の自由ですが、
戦争とは人々に不幸をもたらすものであることは間違いないと思います。

合掌                  

選挙

アメリカの大統領選挙が注目されているようですが、女性大統領を嫌う人々と、黒人大統領を嫌う人々と、保守主義すぎる大統領etc etc etcを嫌う人々が選ぶ大統領となると、一体どうなるのでしょうね?

個人的意見を言うならば、ブッシュぱぱ4年、クリントン夫8年、ブッシュ子8年の後に、ヒラリー・クリントンが4年(or8年)となると、ブッシュ家とクリントン家が世襲にも近いような感じで半ば独裁的に続いてしまうことになるわけで、それをアメリカの市民が認めるのだろうか?ということが大いに気になっていたりしますが、とりあえずは、「黒人大統領を嫌ったKKKのメンバーが射殺」などという流血事件がないことを祈るばかりであります(-人-)

どこまで愚弄するのだろうか?

自宅で子どもと就寝中に家屋の窓から豹が侵入し、ベッドにもぐりこんでくるという少々
恐ろしい事件がイスラエルであったそうですが、豹が衰弱していたとはいえ
人間が素手で確保していたことから鑑みるに、この家にはマタタビが常備されていたのではないかと思われます。


サテ、社会保険庁による5000万件にもおよぶ年金記録不備問題で自民党は
「今後1年間で、この未確認の年金記録5,000万口すべての名寄せを完了させます」と
公約を掲げたそうですが、これを聞いて
夏の参議院選挙での議席獲得のための人気取りにすぎず、
全てを照合完了させる気はないのでしょう?
」と思ってしまったのは私だけでしょうか?

ちょっと計算してみました。5000万件を1年でやる訳ですから、んで役所はきっちり土日休みでしょ…だから…。365日のうち営業日が5/7で260日(祝日とか勘弁!)ですね。単純に5000万を260日で割ると約19万なんですよ。1日で19万件を処理すると!。う~~ん。この数字ってコンピュータでオートマチックにやるんだってかなりな数字だと思いますがどうなんでしょう?

社会保険庁?第三者機関?って何人居るんですかね?。仮に(そんな訳ないよね、頭悪いんでわかりやすく)職員(専門の)が1000人としても1日1人で 190件もこなさなきゃいけないんだよね。最近、工場の効率から、流れ作業から1台を1人で作り切る方向にシフトしてるというのをこないだTVで見た。けど190台作るのはかなりきついよね。まいいや、190件こなすのに就業時間が6時間として約30件/1時間で。てことは1件を2分でやんなきゃ!。う~~~ん。

僕程度の頭で考えてみましたけど1000人の専門職員が1件につき2分以内で処理して何とかこなせる5000万件だと思うんですよ。

けど、「ハイ!書類は整理されてここにありますからやってください」てんじゃなくって不明、ないものから処理するには不可能だよな~と思うんだけど、首相の発言に他の議員も記者も突っ込まないのかね?。僕が間違ってるのかな?。

「ああ~!んじゃ500万件やっとくからさ!」「おう!宜しくね!」って具合なんですか?疑いはもたないのかな?

それとも!ITでもって、Web2.0か!なんて言うんですか?インターネットを使って世界各国の端末を持つ人達に処理してもらえればすぐ終わっちゃうって事なんですか?。だったらすごい!…。

これはgrounderさんによる計算なのですが、こういった、少しばかり電卓を叩けば
答えの出せることについて、ひとこともツッコミを入れないマスコミもマスコミですが、
仮に5000万件の照合を完了できたとして、いったいどれくらいの金額が残されて
いるのだろうかと大いに疑問が残ります。

2005年に行なわれた「郵政民営化選挙」などといわれた衆議院選挙では
「食べ物を食べなければ死んでしまいます!だからラーメンを食べなければならないのです!
スパゲティを食べたい?蕎麦を食べたい?!
我々はラーメンを食べなければならないのです!!
というよういな小泉の詭弁にまんまと乗ってしまった有権者たちは今度も
「政権与党であり続けることのみ、存在意義がある」自民党に
それぞれの一票を入れるか、投票に行かずにそれぞれの休日を過ごすかをするのだろうか?と
無党派のMyrthaは思ってしまいます。

おまけ;(おまえがいうな!)あきれた社会保険庁の実態

酒愛する人

エンジンが動いている状態、さらには食事も準備されているにもかかわらず
船内に乗組員の姿は無く、オーストラリア沿岸部を漂流している幽霊船が発見されたそうな
彼らはきっと、大いなる支配者の生贄にされてしまったのだろう。。。


サテ、テレビのニュース速報によるとロシアのボリス・エリツィン前大統領が他界されたそうな。
享年76歳。

えーと・・・

その・・・

死者に対して如何なものかと思うのだが、エリツィンの場合、旧ソ連解体で
歴史的役割を果たした業績云々というよりもジョークしか思い浮かばない自分がいます。。。

というわけで一つ。

「ソ連はなぜ共産主義に到達できなかったのでしょうか?」
「社会主義から共産主義に向かう途中に、高度に発達したアルコール主義があったからです」
「それもマルクスやレーニンがつくったものですか?」
「いいえ。それはフルシチョフとブレジネフが基礎を作り、エリツィンが完成させたものです」


よいこのみなさん。決して学校のテストには書かないようにw
それにしても、東側陣営の崩壊とともに面白いジョークが生まれていないような気がして
ならない今日このごろ。。。

ワン・ツー・フィニッシュ!

宮崎駿監督の新作映画は、人間になりたいと願う金魚の姫ポニョと、5歳の男子・宗介の物語で
「崖の上のポニョ」というタイトルらしいのですが「二度と吾朗(長男)みたいな子を
つくらないために」って・・・なにか方向が違っているような気がするのですが・・・金魚姫。。。


サテ、昨日今日とフィギュアスケート世界選手権女子の様子をテレビで見ていた。
金メダルを獲得した安藤美姫の演技はよくいえば安定していた、
思いっきり悪くいえば、その安定性ゆえか、少々こじんまりとまとまってしまっていたような、
どこか物足りなく感じるような演技ではあった。
それでもいいたい!ミキティ金メダルおめでとう!
あどけない笑顔で軽々と3回転半ジャンプを飛んでしまう真央ちゃん、銀メダルおめでとう!

思えば私が安藤美姫を本当に気にしはじめたのは全日本選手権以降かもしれない・・・

読み逃げ

フィギア世界選手権女子SPの安藤美姫のスケートは良かった!
明日のフリーが楽しみだ。


サテ、OKWaveで「ミクシィで読み逃げするマイミク」ついて書かれていたのを目にした時に、
「一度サイトでもBlogでも作ってみなされ。9割9分がた読み逃げですやん。
何この人ワケのわからないことをいっているの?これだからmixiユーザーは・・・」と呆れて、
華麗に(?)スルーしていたのですが、周辺の方々がネタとして取り上げていたので
これに便乗してひとこと。

マイミク読み逃げ問題は 釣りですので。

それだけです。。。


ところでこの読み逃げ問題よりも、
mixiの新規登録時に携帯メールアドレスが必須になるというは本当なのでしょうか?
こういった記事を読むまでもなく、なんとなく気分のいい話ではありませんわ。
そのうちに既存のユーザーも「携帯電話のメールアドレス登録しないと
ログイン出来ません」ということになるのではないだろうか?
海外から登録している人はどうなる?携帯電話がドコモでもauでもソフトバンクでもない人はどうなる?

携帯電話を持っていないと、そのサービスを受けられない=個人の識別番号代わりに
なってしまう、という可能性だってありそうな話ではないか。
これを大規模にやられたらどうなる?
ヤダヤダ。監視される社会だなんて。。。

続きを読む »

忍び寄る恐怖

ドイツの研究者が人の心を読む機械を開発したらしいのですが
このようにMRIのような大きさの機械では街を歩いている時には
使えそうにないので犯罪捜査くらいしか役に立たないのではないかとか思いました。


サテ、以下のサイトを見る場合はあくまでも自己責任でお願いします。
何があろうと、
例えば自分の身に災厄が降りかかる、
友人の身に災厄が飛び散る、
空からドリアンが大量に降ってくる、などがあろうと
私は知りませんたら知りません!

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10236634


小心者の私はクリックできずにおりますが^^;



-------------------------------------------------------
補足;http://www.joyus.jp/diary/
こちらも自己責任で・・・

格差社会到来?

ITmediaで「職場でのサイト閲覧」のプライバシーを守る方法が書かれていたが、
これだけではプライバシーを守れていないような気がするのは私だけだろうか?


サテ、タイトルを見て「今ごろ何をいっておる。格差社会はとうに到来しておる」と思った方は
早とちりさんか、超能力者かのどちらかであろう。

これまでのBlogでは不可能だった「質の高い記事を書いて収入を得る」という仕組みを
作ろうと目指しているアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)という
Blogに広告を配信する日本初のブログネットワーク運営会社が誕生したらしい。

この会社の目標を見てみると

1. 有力ブログへの営業支援を通じて、検索関連広告ならびにアフィリエート広告に続く「第三の収入源」を提供。さまざまな分野に関する質の高いブログの増加・充実に向けた環境の整備を進めることで、日本(語圏)のネットコミュニティの発展に寄与する。

2. パートナーとして参加いただく各ブログ(「媒体」)を接点とした、読者のみなさんと協賛企業のみなさんとの新たな「関係づくり」を支援する。

3. メディアの特性や現状を熟知するパートナー・ブロガーのみなさんに積極的にネットワークの運営に参画いただき、当事者のみが有する知見やアイデアを活かした商品・サービス開発を進めることで、「読者」「ブロガー(情報発信者)」「協賛企業」の三者がともに、これまでにないベネフィットを享受できる「win- win-win(トリプルWin)」な関係性の実現に尽力する。。

とある。
そして、「パートナーブログの選考基準」を読んでみると、

・ 特定領域に関する専門性をベースにした情報フィードがあること
・ プロフィール、もしくはそれに準ずる内容が公開されていること
・ ブログの運営者が特定できる(責任の所在が明らかである)こと
・ 問い合わせ先が明記されていること
・ 平均して週一回以上の更新があること
・ 事実を重視し、虚飾がないこと
・ 引用(リンク)を適度に活用していること
・ 読者や他のブロガーとのインタラクションを厭わないこと
・ 今後、月間平均で5万ページビュー以上の閲覧が見込めること

とあり、さらに今現在AMNに登録されているBlogを見てみると、
[N]ネタフル(コグレマサトさん)
404 Blog Not Found(小飼弾さん)
情報考学 Passion For The Future(橋本大也さん)
Life is beautiful(中島聡さん)
メディア・パブ(田中善一郎さん)
On Off and Beyond(渡辺千賀さん)
isologue(磯崎哲也さん)
といった、アルファブロガーが中心に登録され、その他にも
Ad Innovator(織田浩一さん)
mediologic.com(タカヒロさん)
など、ソウソウたるBlogがそろっている。
このAMNというWebサービス、アクセス数の多いBlogが一挙に見られるという意味では
便利かもしれませんが、ワタクシの処のように辺境のBlogにはあまり関係がない、かな?w


2006年のアルファブロガーTOP40はこちら

イタイイタイ病よ再び

Yahoo!で掲載されているニュースでは「日本は安全な国」と感じている国民は
半数近くに上り、2年前より微増していることが、
内閣府の「治安に関する世論調査」で分かった。」とあるが、
携帯電話に送られてくるニュースでは「日本治安悪化 8割。内閣府調べ」とある。
どちらが正しいのだろうか?
私は「治安は悪化」のように思うのだが。。。


サテ、このような記事がYOMIURI ONLINEにあった。
中国から「もや」、日本列島覆う…NASAが撮影

 中国から流れてきたとみられる薄茶色の濃いもやが日本列島を広く覆っている様子を米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「アクア」が撮影した。

 画像は米東部時間今月6日に撮影された。通常の雲とは明らかに状態が違っている。春先に見られる黄砂にも似ているが、日本の気象庁ではこの時期の黄砂を確認していない。NASAは中国で進行する大気汚染との関連性を指摘している。

で、これがその写真なのですが、たしかに中国大陸から朝鮮半島を通って
日本にまで白っぽいもやが到達しているわけです。

中国大気汚染

「緑化とはペンキで緑色に塗り替えること」というジョークを地でおこなってしまうような
国ですが、この白っぽいもやが科学物質なら、日本では今後また水俣病や
四日市喘息などのような公害を覚悟せねばならぬということなのでしょうか・・・?

「その時」の怪

中国が4月17日に月に向けた無人の人工衛星打ち上げを計画しているそうですが
打ち上げたとたんに以前の衛星破壊実験によって生じた大量のスペース・デブリによって
破損・落下してしまうのではなかろうか?


サテ、今日のNHKの「その時歴史が動いた 完成・戦国最強軍団~武田信玄・苦悩の生涯~」
という番組を目にして一つの疑問がわきあがった。
それは、「山本勘助という人物は隻眼だったらしいのだが右目と左目のどちらの目が
見えなかったのだろうか?」ということである。

何故なら、大河ドラマの山本勘助は「左目が見えなかった」ことになっており、
「その時歴史が動いた」の山本勘助の肖像画は「右目が見えなかった」ことになっているからだ。

さらに「その時歴史が動いた」で随所に使われていた映像は大河ドラマの断片であったから
一つの番組で「左目の見えない山本勘助」と「右目の見えない山本勘助」が登場したことになる。

一つのテレビ局の、しかも一つの番組内でこのようなことがあってもよいのかと
何か釈然としないものを感じた。

なお、山本勘助の存在は明治時代に実証主義歴史学が取り入れられた結果、
今日では未だ不在説と実在説の決着がつかないのだとか。。。

女、来たる

北海道は根室管内中標津町の酒屋「なかはら」が
牛乳発泡酒 「ビルク」なるお酒を開発&発売するそうな。
「フルーティーで女性好みの新感覚発泡酒」との触れ込み。
是非とも一度飲んでみたいものだ。。。


サテ、チリからアニータさんがはるばる来日したらしいのだが、
来日理由を「チリのテレビ番組収録が目的」というよりも
・金がなくなったのでせびりに来た
・日本国民の感情を逆なでするために来た
のいづれかであると考えてしまうのは私だけだろうか?

テレビ収録にせよ、その他の目的にせよ、アニータさんが
空気の読めない人であることは間違いないと思うのだが如何なものだろうか?

わからない話

最低でも月に一度は聖地へ巡礼に行かなければ
とてつもない欠乏症・禁断症状に陥ってしまうので巡礼してきました(-人-)


サテ、今日はよくわからないニュースを仕入れたので挙げてみる。

8歳に密林で不明の女性、“野生化?”19年ぶり発見

 【バンコク=田原徳容】カンボジアからの報道によると、同国北部のジャングルで、8歳で行方不明になっていた女性(27)が19年ぶりに発見され、無事救出された。

 地元警察によると、女性は右腕の傷跡で本人と特定されたが、長年のジャングル暮らしで言葉もほとんど話せず、「半分人間、半分動物」の状態だという。

 女性はロチョム・プンギェンさんで、1988年に首都プノンペンの北東350キロメートルにあるラタナキリ州の村で、水牛の世話をしていた際にいなくなったとされていた。

 地元メディアなどによると、最近、村で食料が盗まれる事案が頻発し、村人が見張りを立てたところ、13日におなかをすかしたロチョムさんが裸で現れ、地面の米粒を拾って食べるなどした。保護されたロチョムさんは空腹になると腹をたたいて知らせ、服を脱いでジャングルに帰るしぐさも見せたという。

 警察は「DNA鑑定が必要」としており、家族も同意している。

19年ぶり発見の娘…半分野生化 カンボジア

 【バンコク=岩田智雄】カンボジア北東部のラタナキリ州で19年前に行方不明になっていた少女が18日までに無事に保護された。少女は現在27歳。言葉はほとんど話せず、与えられた衣服を脱いでしまうなど半分野生化した様子だという。 

 AP通信によると、この女性はロチョム・プニンさん。1988年、8歳のときに家畜の水牛の群れを追ったまま行方不明になった。同州の村で最近、弁当箱から食べ物がなくなる被害が相次ぎ、村人が付近で張り込んでいたところ、米を盗もうとした女性を発見。父親が腕に残った傷跡で、行方不明となった娘と確認した。

 父親は娘の様子を「かがんで歩く姿勢がサルのように変わっており、骨と皮しかない。目はトラのように赤い」と話している。

・・・考えていてもラチが明かぬのでひとことで書いてみる。

8歳まで人間として生活していた子が19年間のジャングル暮らしで
野生のサルのようになってしまうものなのか?!


このひとことに尽きます。

以前「狼に育てられた子」という狼少女の話がありましたけれど(実は作り話だったらしい)、
このニュースが本当ならば「三つ子の魂百までも」ということわざや
子育て・教育についても考え込んでしまいます。。。

8年間も人間として二足歩行をし、食事を取っていても「空腹になると腹をたたいて知らせ」、
「目はトラのように赤」くなってしまうものなのだろうか?

そしてDNA鑑定の結果、実の親子であると証明されたとしても
親子として生活していけるようになるのだろうか?
やはり人間と野生動物(獣?)という関係になってしまうのだろうか?

よくわからないことだらけだが、このことについて
おぱーと二人そろって首をかしげたのは紛れもない事実である。

痰壺・ふたたび

朝日新聞支局長の年収1900万円の用途が“Winny”で赤裸々なまでにで流出し、
「取材源教えろ」と記者の原則「情報源の秘匿」を無視した発言を
夕刊フジにいってしまった事件やら
シーランド公国の買い手が見つかりそうだぞ事件やら
まぁ、いろいろな事件があるものです。


サテ、何かと騒がれている痰壺2ちゃんねるですがこのような続報が。。。
2Ch管理人に破産申し立て…35歳被害者が手続き

狭まる包囲網、不透明な“金の流れ”丸裸に

 日本最大の掲示板「2ちゃんねる」(2Ch)の管理人、西村博之氏(30)に対し、第三者破産が申し立てられていたことが16日、分かった。12日に東京都内の男性会社員(35)が西村氏の全財産仮差し押さえを申し立てたことから「2Ch閉鎖」の憶測が広がる中、西村氏の包囲網は確実に狭まりつつあるようだ。

 東京地裁に15日、西村氏の第三者破産を申し立てたのは、埼玉県の男性会社員(35)。男性は「私の顔写真を勝手に使った侮辱的なアニメが公開されるなど、数年間にわたって2Chで嫌がらせを受けてきた。いったんは沈静化したが、12日の仮差し押さえ報道後、2Chで名指しで“犯人”扱いされ始めた。再び被害に遭う前に法的手段を取ることにした」と、申し立て理由を説明する。

 男性はかつて2Chと類似した掲示板の運営に携わったことから目をつけられ、同僚らと共に平成13年から数年間、2Chの掲示板で匿名者や2Ch運営サイドの人間による攻撃を受けた。

 攻撃は執拗で、実家を密かに訪れた何者かが家の様子を2Chに克明に書き込んだり、いたずら電話も来た。「自殺するしかない」とも書かれた。「いつも見張られているようで、不安と重圧感にさいなまれた」という。

 バッシングは男性が関わる掲示板が影響力を失い、2Ch運営サイドにとって脅威でなくなるまで続いた。

 それから数年たった先週12日、本紙が西村氏の財産仮差し押さえ申し立てを報じると、2Chでは申し立てた東京の男性への個人攻撃が始まった。

 「自分と同じ目に遭っていると感じた。2Ch運営サイドは自分たちを脅かす人間に、相変わらずネット上で非合法な攻撃をしている。猛省を促す必要があると思った」

 これまで2Chで被害にあった多くの人が、民事で西村氏の管理責任を問い、違法な書き込みをした投稿者の情報開示や損害賠償を求めてきた。西村氏は裁判に出ないで敗訴を重ねつつ、開示や賠償に一切応じていない。

 さらに自身の収入や財産が明らかでないのをいいことに、「債権とは債務者が支払えというものではなく、あくまで債権者の取り立ての権利」と居直る。賠償金が取れないのは、取り立てが甘いからと言わんばかりだ。 

 とはいえ、勝訴した誰1人として、西村氏から開示や賠償を得られていないのも事実。このため男性は、耐震偽装マンションを売ったヒューザーの小嶋進元社長(53)や投資詐欺が発覚した近未来通信に対して被害者らが行ったように、民事訴訟を起こす前に西村氏を破産させ、賠償金を確保することに決めた。

 男性は「仮差し押さえや差し押さえでは申立人にしかお金が入らない。これまで勝訴した全員に賠償金が配分される、第三者破産手続きのほうがいい」と説明する。

 司法には高度な判断が求められる。果たして東京地裁は、西村氏を債務超過と認めるのか。

 ある弁護士は「西村氏が最近、さかんに年収1億円と言っていたのは、第三者破産への牽制だろう。だが、数千万円もの賠償命令だけでなく、毎日全国で加算される間接強制の科料もある。今後も支払う意思がないと公言しているのも大きい。破産を認める可能性は十分ある」と分析する。

 破産手続きが始まれば、破産管財人には西村氏の帳簿や書類などを調査する権限があるため、これまで不透明だった2Chなど西村氏周辺の金の流れが丸裸にされるのは間違いない。破産者は裁判所の許可なく居住地を離れることが禁じられ、海外への“高飛び”も不可能となる。

 夕刊フジの報道に端を発する“閉鎖騒動”の中、西村氏が取締役を務める会社「ニワンゴ」は、西村氏の「独占・緊急インタビュー」を15日にメール配信すると発表していたが、結局実現せず。ニワンゴはメールで「ひろゆきさん所有のパソコンが壊れていることが判明。残念ながらインタビュー実施には至りませんでした」と釈明したが、額面通り受け取るほど世間もおめでたくないだろう。

 年明けから次々と打たれるクサビ。1000万人ものユーザーを抱える巨大掲示板の管理人として、西村氏は重大な決断を迫られつつある。

この35歳男性会社員もターミネーターよろしくがんばっているようですが
ネット事件簿によると2006年10月16日発行のAERAにも
「今年9月、都内の男性会社員(35)が東京地裁に西村氏の破産を申し立てた」
というようなことが書かれているらしい。となると、かなり前から西村氏への包囲網が
狭められていたことになる。
この勝負、35歳男性会社員に軍配が上がるのだろうか?
それとも
誰がどう法的に正しいか、ということよりも、「どちらの根気が勝るか」で決まる!
というワケで、気力・体力・経済力勝負がまだまだ続くのだろうか?

ところでなぜ管理人のひろゆきこと西村博之氏は
「書き込んだ人の責任。当事者同士で話し合え」という決まりにしないのだろうか?

痰壺破損?

「低脂肪乳よりも高脂肪乳やチーズなど高脂肪の乳製品を摂取している女性の方が
痩せやすい」という意外すぎる調査結果
スウェーデンはストックホルムのカロリンスカ研究所が出したそうですが、
なぜ女性限定なのでしょう・・・?


サテ、「ハッキングの方法から今晩のおかずまで」をキャッチフレーズにし、
痰壺やら便所の落書きなどといわれているご存知2ちゃんねるは
過去何度も閉鎖の危機がありましたが今度こそ本当に閉鎖されてしまうのでしょうか?
自分が祭り上げられなければ、見ているだけならなかなか面白いものもあるのですがねぇ・・・

ユーザーショック…2ちゃんねる、再来週にも強制執行

 ネット界激震!! 賠償命令を無視し続けてきた日本最大の掲示板「2ちゃんねる」(2Ch)の管理人、西村博之氏(30)の全財産が仮差し押さえされることが12日、分かった。債権者が東京地裁に申し立てたもので、対象となるのは西村氏の銀行口座、軽自動車、パソコン、さらにネット上の住所にあたる2Chのドメイン「2ch.net」にまで及ぶ見込み。執行されれば掲示板の機能が一時停止するのは必至だ。

 12日午前、仮差し押さえを申し立てたのは、西村氏に対して約500万円の債権を持つ東京都の会社員の男性(35)。

 男性は2Ch上で自身や家族の実名、住所を晒され、「人間の屑」「ネットストーカー」などと誹謗中傷されたため、昨年8月、管理人の西村氏を相手取り、東京地裁に書き込み者の情報開示を求める申し立てをした。

 西村氏が出廷してこないまま同9月に開示を命じる仮処分が出たが、何ら対応が得られないため、間接強制で1日5万円ずつ制裁金を科すこととなった。それでも西村氏の法廷無視は続き、決定から100日を経て債権は500万円に膨れあがった。

 夕刊フジ既報の通り、西村氏は一切の賠償命令を意識的に無視し続けている。昨年11月の講演会では「子供の養育費の踏み倒しと同じ。賠償金を払わせる方法はこれ以上ない。イヤなら法律をつくればいい」と強弁した。

 強気の背景には、何ら差し押さえられるはずがないという自信があるとされる。西村氏には固定資産がなく、給与の流れも不明なので、一般的な差し押さえは無理。弁護士が銀行口座を探り当てるなどしてきたが、西村氏も海外に資産を移すなど対抗策を講じてしまい、どの債権者も手をこまねいているのが現状だ。関係者によれば「(西村氏は)時効成立まで逃げ切るつもり」だという。

 男性も西村氏が所有する軽自動車の標識番号や銀行口座など、差し押さえられるものを何とか突き止めた。申し立てに際して周囲から「返り血を浴びる」「またネットでたたかれる」とたしなめられたが、「年収は1億円」とさまざまな媒体で放言する西村氏を見て意を決した。

 「被害者はみな、高い弁護士費用をかけながら賠償金を取ることもできない。当の西村氏は悠然と賠償命令を無視して億単位を稼ぎ、『賠償金が取れない法律に問題がある』と開き直っている。だから恨み言や批判を言うのはやめて、法律にのっとって被害者の痛みを少しでも知ってもらう」

 今後、西村氏の異議申立期間もあるが、これまでと同様に出廷しない場合、早ければ再来週にも強制執行が始まる。

 今回の仮差し押さえは、西村氏個人はもとより、1000万人ともされる2Chユーザーにも大きな影響を及ぼす公算が大きい。東京地裁の「値段がつくものは差し押さえ可能」との判断から、「日本国内では前代未聞」(ドメイン登録機関)とされるドメインの仮差し押さえも行われるからだ。

 手続きが進んでドメインの所有権が移り、2Chというサイトがネット上の住所を失ってしまうと、ユーザーが従来の「2ch.net」にアクセスしても、何ら閲覧できなくなる。

 運営側が掲示板の継続を望むなら、新たなドメインを取得して全システムを引っ越す必要があるが、「2Chはリスクを分散するため、50台ものサーバーが各自独立しており、全体を統括するサーバーがない。データの書き換えは容易でなく、引っ越しに2週間は必要だろう。さらに新ドメインを周知するのが大変だ」(IT業界関係者)。

 男性は「西村氏の収入源は2Ch上の広告なので、すぐに新しい掲示板をつくるだろうが、いたちごっこは望むところ。次は自分以外の債権者が同じ手段に訴えてくれるはず」と、泣き寝入り状態にある全国の債権者に共闘を呼びかける。

 元旦から全国紙に登場するなど注目度満点の西村氏だが、新春から手痛いしっぺ返しを食らうことになった。

に、しても、ドメインって差し押さえできるんだ!
これは初めて知りましたわ(-_-;)
そしてこれが今現在の2ちゃんねるのTop画像。

2ちゃんねる


でもって、笑えたのがこのカキコw

「2ちゃんねる閉鎖」に各界から喜びのコメント


差別の温床である2ちゃんねるがようやく閉鎖されたと言う感じだ、
今後特定のコテには糾弾会を行いたい。
部落解放同盟本部


仏敵の巣窟、2ちゃんねるついに閉鎖 畜生どもの末路を見よ
創価学会


差別的、日帝的言論の拠点がついに閉鎖、謝罪と賠償を求めていきたい。
在日本朝鮮人総連合会

   
著作権無視の温床であった2ちゃんねるにようやく司法により断罪されたと思う。
日本著作権協会


だが、ちょっと待って欲しい。
2ちゃんねるが無くなっても人々に差別や帝国主義の心はなくならない
朝日新聞

そういえば『姉ちゃんの詩集』はどうなったのだろうか・・・?

うむ。
今日はなんとなく思考のまとまらない(思考が飛んでいるともいう)一日だった。

これはすごい

6年育てた金魚、42センチに

 江田島市能美町高田、無職住吉輝明さん(72)方で6年前から飼っている金魚が42センチの大きさになり、「見事だ」と地元で評判になっている。40センチを超す金魚は珍しい。米でリュウキンの変異個体を固定した品種「コメット」。色は赤と白で、下びれと尾びれの上下が吹き流しのように長いのが特徴。庭に設置した飼育用の升でニシキゴイと一緒に飼育。栄養価の高い餌を与え、水質管理を徹底して育てたという。

金魚20061211


【写真説明】42センチの大きさに育った金魚をいとおしそうに見る住吉さん


金魚って、ここまで大きくなるんだ!(純粋な驚き)

日本人なら一度はやったことがあるであろう「金魚すくい」を
私もやったことがあります。
そして、すくった以上は水槽や酸素補給ポンプ・ジャリ石
水藻・ドライミジンコ・身を隠すため(?)のツボなぞを買い、
大きくなぁれ!と育てたものです。
大半はあまり長生きできなかったのですが、ごく稀に長生きした者もあります。
3年か、4年位で、大きさは15~20cmくらいです。
最後はワタボコリ病や半点病・尾腐れ病で死んでいきました。

金魚の名前、ですか?
リュウキンらしきものは「ぷくちゃん」、すばしこいのは「ちょろちゃん」が定番だったような・・・

犬猫鳥などを飼えないMyrthaが唯一飼育した動物・・・でもありませんね。
ヤドカリを飼ったこともありますからw

ちなみに写真が「42センチの大きさに育った金魚をおいしそうに見る住吉さん」に
見えてしまったのはココだけのヒミツです☆

人それぞれに好みあり

バラ 色とりどり花びらのレインボーローズに人気 東京

 花びらが色とりどりに染められた輸入もののバラ「レインボーローズ」がプレゼント用として人気を集めている。東京都中央卸売市場板橋市場(板橋区)ではクリスマスを前に、買い付けに来る花屋も増えている。
 バラはオランダで開発され、東京都や千葉県などの商社が輸入している。ピンクや水色など4~5色の着色した水を白いバラの茎から吸わせて染めているが、花びらの色を一枚一枚変える技術は秘密という。
 小売店の店頭では1本1000円程度と、普通のバラの約5倍と高価だが、同市場内の卸店「フラワーロード」の国井克美社長は「クリスマス前の発注が増えている。華やかさと珍しさで贈り物として喜ばれている」と話す。

と、いうわけでこれが東京都板橋区で丸山博氏撮影の虹色薔薇。
レインボーローズ

うーん。。。確かに虹色だし、私も夏だか秋だかに某お花屋さんで
青薔薇や水色薔薇、紫薔薇と一緒に売られているのを見たことがあったのですが
まさか1本1000円とはね。。。

10本で1万円ですよ。
その他に葉っぱやらカスミソウやらをトッピングしたら
一体いくらになることやら(-_-;)

確かに珍しいですし、誰かにプレゼントしてみたい欲求も無くはないのですが、
虹色薔薇10本と普通薔薇(薔薇に失礼な表現ダゾ!)50本とではどちらが良いものやら・・・

ま、「Chacun a son gout.」といったところですナ。

インターネット禁止法案

ダウンロード、海賊版は禁止 政府、著作権法改正を検討

 政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は、音楽や映像を違法コピーした「海賊版」をインターネット上からダウンロードすることを全面的に禁止する著作権法改正に着手する。27日に開く知財本部コンテンツ専門調査会に事務局案を提案。罰則も設け、08年通常国会に提出をめざしている改正案に盛り込む。海外でも人気が高い日本のマンガやアニメなどの権利保護を強め、コンテンツ産業の育成を促す狙いがある。

 現行の著作権法では、著作権者の承諾なしに複製したコンテンツをネット上に流すことは違法だが、違法コピーをダウンロードしても、個人で利用する限りは著作権の侵害とはならない。このため、ネット上で違法コピーを入手する行為が横行しても、規制するのは極めて困難だ。

 政府は「世界トップクラスのコンテンツ大国を実現する」との方針を掲げ、アニメや映画、ゲーム、音楽、出版などのコンテンツ産業の市場規模を、2010年までに15兆円にしたいとの目標を04年に設定している。

 知財本部は、現状を放置すれば正規のコンテンツの買い手が減り、正当な利益を得られない制作者が創作意欲を失いかねないと判断。海賊版のダウンロードが違法であることを明確にすることでその流通を減らし、コンテンツ産業を成長分野に育てたい考えだ。


これが本当ならば、日本のネット時代も終わりを告げ、
YoutubeもP2PもUPローダもamazonもgoogleもヤフオクも出来ず
またしても失業者が増えるということなのでしょうね。。。
「サブカル」「アニメ」といった日本の文化も衰退していくことになりかねないような・・・
服役囚が増えそうダ。。。



ってゆーか、
「ダウンロード」の意味をわかっていますか?
インターネットについてどこまで知っているのですか?
永田町の中の無知さん!

あなたはどこへ?

サテ、一度は行ってみたいウィーンのある国・オーストリアの日本語表音表記が
オーストリアではなく、オーストリーになるという話を知ったのが11月16日頃のこと。

が・・・

ネットのニュースを探しても記事がない・・・
唯一あるのがオーストリー大使館商務部。。。

まさか伊達や酔狂で冗談を言っているのでもあるまいに  
と、様子を見ていたところ・・・

今日になって「Yahoo!」ニュースに載っていましたよ。
Yahoo!遅すぎです。。。

しかし、オーストリアは「オーストラリアとの混同を避けるため」といっておりますが
これで本当に解決すると思っているのかしら?
そのうちに
「あのー オーストリッチ大使館はこちらで間違いないのでしょうか?」
とか、
「えーと・・・オースト・・・えーとヨーロッパにあるほう(またはコアラのいるほう)の、
なんて国でしたっけ?」
とか、
「オーストリアが国名表記変えるならウチも♪」
とかいいだす国がいそうな気が・・・

イエイエこれ以上はどこかのBlogでいわれていそうなので何もいいません。
でもやはり「オーストリー」表音表記が日本に定着するには時間がかかると思うのです。。。

私ですか?
モチロン、「オーストリアはオーストリアであって、
オーストリー」ではありませんw(←オーストリー大使館商務部にとって一番困った日本人?w)

若者言葉?

時々目を通すサイトに「Yahoo!新語探検」がある。
この新語探検に最近の若者言葉であるらしい「させていただく」という言葉があった。

以下に全文を掲載してみる。

させていただく (させていただく)
-社会 -2006年11月1日
最近の若者に目立つことばづかい。もともとは、自分の行為を相手に許可してもらい、それによって相手に対してへりくだった気持ちを表すことばだが、最近では「私は○○高校を卒業させていただきました」とか「先生のご著書を読ませていただきました」といった言い方が増えている。高校を卒業したのは自分の実力であって、教師の恩恵によって卒業できたのではない。作家の著書を購入して読むのも自分の意思であって、作家から贈呈されて読んだのでなければ、本来の用法からすると誤りである。実際には受けていない許可や恩恵を受けているかのように見立てて、相手を敬っていることを示す丁寧表現のつもりで使っているようだ。


ほうほう。「させていただく」というのは若者言葉だったのですか。
初めて知りましたよ。

実は私、この「させていただく」という言葉を
周りにいる若者の口から聞いたことが一度もないないのです。

では、どのような人々から聞くのか?



正解は60代70代といったお年寄りから、なのです。
彼らがどのように「させていただく」という言葉を使っているかというと・・・

 ・○○に住まいさせていただいております
 ・毎日駅前を掃除させていただいております
 ・気づかせていただきました
 ・反省させていただきました
 
・・・

住む場所をどこにするかは自分の意志によるものではないのか?
公共の場所を自主的に掃除するか否かは自分の意志によるのではないのか?
気づきや反省は自分の内面と向き合った結果ではないのか?

中高年や高齢者の方は
「最近の若者の言葉の乱れはひどいものだ」などとおっしゃるが、
中高年のみなみなさんの言葉の乱れも
なかなかご立派なものだと思わずにはいられない今日このごろ。
イイトシをして不自然な謙り方をするのも如何なものなのでしょうね?

というわけで、Myrthaは「本日の走り書き」を書かせていただきました。

巨星落つ

<訃報>白川静さん96歳=漢字研究の第一人者、中国文学者

 漢字の成り立ちを明らかにした辞書「字統」などを著した漢字研究の第一人者で中国文学者の白川静(しらかわ・しずか)立命館大名誉教授が、先月30日午前3時45分、多臓器不全のため亡くなっていたことが分かった。96歳だった。葬儀は1日、近親者のみで行われた。自宅は公表されていない。後日「お別れの会」が開かれる予定だが、日時等は未定。

 福井市生まれ。苦学して立命館大の夜間部に通い、在学中に文部省の教員検定試験に合格して、立命館中学の教諭をしながら43年に法文学部漢文学科を卒業した。同年、立命館大予科教授、54年から教授、81年名誉教授。97年、文字文化研究所(京都市)の所長・理事長に就任し、05年から同研究所最高顧問を務めていた。

 10代のころ、大阪で代議士の秘書をしながら古事記、日本書紀、万葉集などの世界に親しみ、日本の古代王朝の成立過程に関心を持った。古代の日本に影響を与えた中国古代史に進み、中国最古の字書「説文解字」や甲骨文、金文の研究に没頭。84年、研究の成果を盛り込んだ「字統」を刊行し、毎日出版文化賞特別賞を受けた。

 87年に「字訓」、96年には漢和辞典「字通」を出版、「字書三部作」を完成させた。「字統」「字訓」の出版で91年に菊池寛賞を受賞、三部作で97年朝日賞を受賞。98年文化功労者、04年に文化勲章を受章した。他に「孔子伝」(72年)など著書多数。

 ◇スケールが違った 
 哲学者、梅原猛さんの話 一つ一つの漢字に対する深い愛情と思弁で、字面からは分からない奥に隠れている精神的な世界にまで踏み込み、なぜ漢字が生まれたかを教えてくれた。儒教が生まれて以降の合理的な中国のはるか前の、神秘的な中国を、漢字を科学的に実証的に研究することで明らかにした、まったくスケールの違う学者だった。
 人柄は、曲がったことが大嫌いで、質素で、奥さんが大好きで、孤立無援でも悠然としており、恩義を人一倍感じる人だった。

 ◇一徹な姿勢変えず
 一海(いっかい)知義・神戸大名誉教授(中国文学)の話 遠くから高い山を見上げるような存在だった。私学での研究はともすれば、官学の権威に屈することがないとはいえない時代だった。そんな中で、白川先生は自らの研究を一筋に貫かれた。その一徹な姿勢を変えることがなかったのは、長年積み上げた自らの学問、研究へのひそやかな自信だったのではないか。その意味で、日本の学者には珍しい人で尊敬すべき方だった。

 ◇評伝
 「逆風に向かって飛べ」。まだ白川さんが社会的な評価を受ける前、建て売りの小さな自宅に伺ったとき、さりげなくもらした。
 苦学して夜間の大学に通い、中学教諭を務めながら卒業。誰にも教わらず、甲骨文など中国最古の文字資料に取り組んだ。大学紛争の最中でも研究室は深夜まで明かりがともっていた。ひたすら古典を読み、文字を論じたが、保守派だとみられ、逆風の中で羽ばたいてきたのだと。

 88歳で文化功労者に選ばれ、94歳で文化勲章を受章した。表彰理由のひとつ「独力で完成した」について、「好きなことを、自らの方法でやってきただけ」「学問は、借り物ではできません。どなたでも独学になるはず」と語った。在野のような立場から、権威に対しても真摯(しんし)に挑んできただけに、「私のような者でも、年金がいただけるとは。ありがたい」とも。

 少年のころ、東洋という語に心をひかれた。日本の古代を知ろうと万葉集に取り組むが、もっと東アジア的な視点が必要だ、中国の古い時代を知らなければと考えた。甲骨文や金文の勉強にかかり、古代の文字との長い縁が続いた。
 漢字の成り立ちを明らかにした「字統」、漢字を日本人がどう読んできたかの「字訓」、独自な漢和辞典「字通」。世評に高い字書三部作は、13年余りかけ、80代半ばに完成した。「命なりけり」の感慨という。

 しかし、文字の学問をやる人には「僕の一般書でヒントを得るだけでなく、僕の歩いた道から出発してほしい」と、基礎資料を残すため最晩年まで奮闘した。
 漢字の使用制限など、戦後の国語政策を批判。漢字がこれほどひどい仕打ちを受けたことはなく、その結果、国語軽視の風潮が生じたという。

 漢字の習得が難しいというが、「文化というのは、努力し、困難に打ち勝ってこそ、生まれてくる」と。笑顔で「ほんと、漢字は難しくないのよ。体系的なものですから、それが分かれば、何の苦労もいらない」とも。

 漢字の成り立ちをもとに東洋の精神を古代に求め、文字文化に生涯をささげた碩学(せきがく)だった。
【元毎日新聞専門編集委員、総合地球環境学研究所教授・斎藤清明】
(毎日新聞) - 11月2日1時57分更新


偉大なる業績を残す人物とはやはり長寿ですね。