スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新鮮男

コンビニでおなじみのファミリーマートが飛騨高山フェアを行なうに当たって
2980円のステーキ弁当を限定発売するらしいのですが、
コンビニで2980円というのは高すぎるような気がしてなりません。
一体どのような人が買うのだろうか・・・?


サテ、4月から新たに社会人としてどこかの会社に入社して
労働に従事するであろう新卒社会人は今ごろ大いに緊張していることかと思う。
そこで、入社式をひかえた新入社員の緊張をやわらげてくれそうなサイトがこれ。

新入社員

ビジネスマナーから人間関係の悩みまでさまざまなことが書かれているので
これを読めば新入社員の不安も軽くなること間違いナシ!であるとは断言できません。。。
最近は日本人特有の精神疾患らしい対人恐怖症の一種ともいえそうなランチメイト症候群
スターバックス症候群のようなものもあるらしいですから。。。

新入社員お悩み相談所はこちら
スポンサーサイト

あにまる~

教育基本法改正といい、沖縄戦での集団自決は軍の強制ではなかったと
教科書検定結果を出したことといい、どうやらこの国は中国や朝鮮半島と同レベルらしい。
自虐史観という「主観」と歴史の事実という「客観」とをごちゃまぜにしないでほしいものです。
それとも、もう一度国民を戦争に参加させたがっているのでしょうか?


サテ、安倍や自民党にむかっ腹を立てていても、この日記を読みに来てくれる方々にとっては
面白いことではないので、今日は月に一度くらいの割合で書いているゲームについてをw

ふぁんふぁんまっちんぐ

このゲームは、トラや黒ネコなどの同じイラストを縦または横に3つ並べて消していく
ぷよぷよ風のゲームです。

はじめはイラストの数も少ないので楽しく気楽にやっていられるのですが、
次第にイラストの種類も増え、集中力も乏しくなっていくので
いつのまにか大真面目な顔をしてパソコンのモニター画面を睨んでいるという事態になりますw

ゼヒ一度、お試しあれ♪

このゲーム・ふぁんふぁんまっちんぐをやってみる

わからないことを押し付けるには?

東京都知事選候補の外山恒一の政見放送が一部で注目されているらしいのですが
これを見るかぎりでは、票を入れたいとは思えないなぁ。。。


サテ、Blog界隈で話題になっている本があるので今更ながらではあるが挙げておく。
初読年が2004年とあるので、なぜ今更?と不思議に思うのだが
有司書資格者はさておき、一般人はもちろん大学生諸子においては
一読して損はしない一冊だと思う。

図書館に訊け


  書  名: 図書館に訊け!
  シリーズ名: ちくま新書
  版  次: 第1刷
  著  者: 井上真琴
  出版者: ?筑摩書房
  出版地: 東京
  出版年: 2004.08.10
  形  態: 253p,18cm
  ISBN : 4-480-06186-X
  価  格: ¥740
  NDC  : 015





~目次~
はじめに
   図書館は永久に未知の国/誰だって使いこなすのは難しい

第1章 図書館の正体と図書館への招待
 1.図書館がゴーマンな理由
   図書館はゴーマンか/図書館はギルドな世界か/教えられない「利用者のための文法」/
   図書館使いこなし心得の条/資料利用のモチベーション
 2.図書館の存在意味とはなんだろうか
   インターネットに飛びつく人たち  図書館以前の問題?/
   新刊書店に群れる人たち  図書館以前の問題?/
   古書店に駆け込む人たち  図書館以前の問題?/図書館の存在理由/
   「童貞」ひとつを調べるにも…
 3.図書館にはいろんな種類がある
   公共図書館/学校図書館/専門図書館/国立国会図書館/大学図書館/
   学術研究の基本スタンス/大学と図書館

第2章 資料の多様性と評価の視点を知ろう

 1.図書館は資料のセレクトショップ
   資料は評価され、選択/多様なセレクト基準
 2.多様な資料の世界を覗く  灰色文献を中心に
   非流通本の世界/貴重な展覧会カタログ/重要企業の社史/故人の追悼録/
   科学研究費補助金「研究成果報告書」/記録史料類
 3.学術雑誌の世界を知る
   学術雑誌の存在/学術雑誌の仕組み  査読制度/熾烈をきわめる国際学会誌/
   大学・研究機関が発行する研究紀要
 4.どのように選んでいるのか  手にした資料の外的価値
   見どころ?:図書の形態(頁数と大きさ)/見どころ?:目次構成/
   見どころ?:索引・文献目録の充実度/見どころ?:初出の掲載誌レベル/
   見どころ?:注の付け方/見どころ?:図表の典拠や充実度/
   見どころ?:出版年、改版・改訂の頻度/
   見どころ?:付録や新機軸(特に復刻版の場合)/見どころ?:著者の信頼度/
   見どころ?:出版社の実績・編集者の実力/その他(翻訳図書など)

第3章 どうやって資料にたどりつくのか(1)
 1.目録と書誌情報の世界
   目録の効用/目録は世界を読み解くフィルター/図書館の目録と書誌情報・所蔵情報/
   瑣末にこだわるのは学術研究のため/カタロガーは雲上人か
 2.目録の見方・使い方の実際
   OPACを検索する/図書の目録の見方/雑誌の目録の見方/他館所蔵の資料を探す  
   総合目録の利用など/
 3.本の並べ方にも意味がある
   日本十進分類法/請求記号は資料の住所番地/並べ方は人を導く/
   並べ方は世界観をあらわす

第4章 どうやって資料にたどりつくのか(2)
 1.文献探索・情報探索の基本
   探索の基本的ステップ/イモヅル法と索引法
 2.レファレンス・ブックの利用
   レファレンス・ブック  「再度元へ立ち返る」/レファレンス・ブックの系統と種類
 3.事柄を調べるためのレファレンス・ブック
   百科事典の機能/百科事典の鉄則?  索引から引く/
   百科辞典の鉄則?  複数を引き比べる/百科辞典維持の困難さ/
   レファレンスブックの個性
 4.文献を調べるためのレファレンス・ブック  目録・書誌・雑誌記事索引
   目録・書誌・雑誌記事索引/書誌を利用する諸氏/書誌の持つ魅力と威力/
   書誌作成の舞台裏/雑誌記事索引/ブラウジングによる発見
 5.実際の探索プロセス
   外国留学体験者の方法も同じ/大学教員はレファレンス・ブックの利用下手?/
   教員が学生に希望する探索方法/現代の「ヅーフの部屋」へ急げ

第5章 レファレンス・サービスを酷使せよ
 1.モノを利用するのではなく、ヒトを利用する
   それは図書館のコンシェルジェ・サービスか?/レファレンス・サービスの本質/
   レファレンスサービスは知られていない
 2.レファレンス相談の風景
   ホンチョウムダイシ?/荷風と谷崎の「西村京太郎」的展開?/
   お宮・貫一の流行歌はいずこへ……/お役所の資料の探し方/
   昭和十三年の絵の値段を、今の価値に換算できるか?/レファレンス・サービスの支援領域
 3.レファレンス・サービスの舞台裏
   レファレンス・ライブラリアンの哀しき日常/レビュー文献の大切さ/
   「講座」もの、シリーズ別巻の上手な利用法/博士論文の狙い撃ち/
   ヒントの宝庫  国立国会図書館の隠れた参考文献/学説史を押さえるための学者の自伝
   研究ガイドにも注意/講義概要・シラバスは学問体系の索引宝庫だ/
   児童書の利用で頭を整理する/達人たちの探索方法をストーカーする/
   「方法を知るための読書」に徹する/とにかくレファレンス・ライブラリアンに訊く

第6章 資料は世界を巡り、利用者も世界を巡る

 1.相互利用サービスを活用する  訪問利用・現物貸借・文献複写
   相互利用サービスの内容/NACSIS Webcatの公開とILLの進展/
   紹介状は図書館界へのパスポート/
   文献複写と現物貸借/幻の学位論文もゲット
 2.いざ、外国の図書館に出陣する
   外国の図書館に乗り込む/利用のための事前練習/現地の図書館員をあらかじめ探す/
   必ず問われる「利用目的」

第7章 電子情報とのつきあいかた

 1.電子情報に対する図書館の対応
   信頼性ある電子情報の組織化/外部電子情報の取り込みと機能改良/図書館のスタンス
 2.図書館をよくすること、限界を知ること
  利用者こそが図書館を育てる/図書館調査は、研究プロセスの前段階


著者が同志社大学図書館のレファレンス業務を担当していることから
どうしても大学図書館よりになって書かれているフシは否めないが
公共図書館でも十二分に応用の利く、図書館活用法が書かれていることと思う。

奉仕活動

ソメイヨシノの「両親」は遺伝子解析の結果、オオシマザクラとコマツオトメであることが
わかったらしいのですがまだまだ研究途中の様子。
続報を楽しみに待とう。


サテ、街を歩いていると、このような看板を目にした。

メイドサービス

ずいぶんと、古めかしい建物のようだが、いつ、どこで、何を、どのように、
サービスをしてくれるのだろうか?

命のモト

アルファブロガーの池田信夫氏がウィキペディアで闘っているらしいのですが、
民主主義政治が衆愚政治になりやすいのと同じように、集合知も衆愚知に陥りやすいことを
考えるまでもなく、このあたりが集合知・Wikiの限界のように思えます。
そういえばWikiを読み物以外の目的で使ったことって、あったかしら?


サテ、人は水がなければ生きていけない。
そこで、某大臣賞も受賞したこのような水はいかがだろうか?

ナントカ還元水


水道水は飲みたくないけれど、Evianなどのミネラルウォーターはちょっと心配・・・
という方でも、某大臣もご愛飲のこの水なら安心して飲めることウケアイ!ですw

この水のお求めはこちらから

ワン・ツー・フィニッシュ!

宮崎駿監督の新作映画は、人間になりたいと願う金魚の姫ポニョと、5歳の男子・宗介の物語で
「崖の上のポニョ」というタイトルらしいのですが「二度と吾朗(長男)みたいな子を
つくらないために」って・・・なにか方向が違っているような気がするのですが・・・金魚姫。。。


サテ、昨日今日とフィギュアスケート世界選手権女子の様子をテレビで見ていた。
金メダルを獲得した安藤美姫の演技はよくいえば安定していた、
思いっきり悪くいえば、その安定性ゆえか、少々こじんまりとまとまってしまっていたような、
どこか物足りなく感じるような演技ではあった。
それでもいいたい!ミキティ金メダルおめでとう!
あどけない笑顔で軽々と3回転半ジャンプを飛んでしまう真央ちゃん、銀メダルおめでとう!

思えば私が安藤美姫を本当に気にしはじめたのは全日本選手権以降かもしれない・・・

読み逃げ

フィギア世界選手権女子SPの安藤美姫のスケートは良かった!
明日のフリーが楽しみだ。


サテ、OKWaveで「ミクシィで読み逃げするマイミク」ついて書かれていたのを目にした時に、
「一度サイトでもBlogでも作ってみなされ。9割9分がた読み逃げですやん。
何この人ワケのわからないことをいっているの?これだからmixiユーザーは・・・」と呆れて、
華麗に(?)スルーしていたのですが、周辺の方々がネタとして取り上げていたので
これに便乗してひとこと。

マイミク読み逃げ問題は 釣りですので。

それだけです。。。


ところでこの読み逃げ問題よりも、
mixiの新規登録時に携帯メールアドレスが必須になるというは本当なのでしょうか?
こういった記事を読むまでもなく、なんとなく気分のいい話ではありませんわ。
そのうちに既存のユーザーも「携帯電話のメールアドレス登録しないと
ログイン出来ません」ということになるのではないだろうか?
海外から登録している人はどうなる?携帯電話がドコモでもauでもソフトバンクでもない人はどうなる?

携帯電話を持っていないと、そのサービスを受けられない=個人の識別番号代わりに
なってしまう、という可能性だってありそうな話ではないか。
これを大規模にやられたらどうなる?
ヤダヤダ。監視される社会だなんて。。。

続きを読む »

いま話題の…

mixiに登録したメールアドレスから住所と電話番号が割り出されてしまうという
こわい事件があるそうですが携帯電話からmixiをやっている人は、
このフィッシング詐欺には気をつけてほしいな、と思います。
え?PC族は?フリーメール登録者がほとんどではないのですか??


サテ、ここ数日、この日記の更新のなかった理由を・・・
簡単にいえば、医師にこれを処方されていたということです。。

タミフル

職場で無差別テロよろしく出社している人から見事に感染されました。
タミフルを服用していますが、今のところ、
飛び降りたくなるような心境にはなっておりませんが、少々シンドイので当分の間
チラシのウラの走り書きは書いたり書かなかったりになると思われます。


しかし、日記に薬の写真をUPすると、メンヘルみたいですね^^;
なお、メンヘルの方はこちらへいってください→こちら

酒飲みの相手

休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高く、
「休日に寝だめ」は逆効果であることが働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授(精神神経学)の調査で分かった、とYahoo!ニュースで報じられていました。
そうですか、私がぐっすりと眠れないのは休みの日に遅くまで寝ているから、なのですか。。。


サテ、3月16日にここたつ原理主義者さんが上京されたので
それに便乗して「上京オフ@3回目」を行ないました。

今回の参加者は、こたつさん、さん、nobukoさんと私の4名だったわけですが、
当日、葎さんから「風邪をひき、外出できませんー」との連絡が。
インフルエンザが流行っているとはいえ、「本番に弱い」というのは
葎さんにとってどうなのだろうかと一抹の不安が残りました。。。


約束の時間の約束の場所。


時間になっても誰も来ませんやん!
お店に先に行ってしまうぞ~。

読書をして待つことしばし。


「ごめ~ん。上司のグチに捕まりかけた~」とnobukoさん登場。
ま、宮仕えたる者、多少のことはお互いさまやね。。。

とりあえず、予約を入れておいた某隠れ家風のお店に入って会話を弾ませることしばし。


こたつさんから連絡が。
「最寄り駅のスタバの前にいるのだけれど・・・」
と連絡が入り、「どこのスタバですやん!」と突っ込みを入れつつお迎えに。

照明を少しばかり落としたお店に入れば後はただひたすら旧友を温めつつ
「まぐろの生ハム」や「イベリコ豚の湯葉巻き」や「海鮮スパゲティ」を食し続けました。
アルコールを一滴も受け付けないnobukoさんを尻目に
こたつさんとワインをあおっていたのですがそのワインは、ワインリストには
「オーストリア製」と書かれていたのですよ。。。
オーストリー大使館商務部による「日本での国名表記を『オーストリー』にします」作戦は
かなり難航しているのではないかと思いますた。

そうこうしているうちに、病に倒れた葎さんより「オフの様子はいかがですかー?」との電話が・・・
その場で電話オフに代わったわけですが、葎さん、薬のせいかぽわ~~んとした様子でしたよ。
大丈夫なのでしょうか?
春のお花見オフ!(実現できるのか?)では是非ともお会いしたいものです♪

ダラダラと楽しい会話を続け、所定の時間(2.5時間)を過ぎてしまったので
近場の酒場へ流れていき、またもやダラダラと楽しい会話を   

気がつけば、ソロソロ終電が!ということで急遽お開きに。
またお会いしましょうと約束をしつつ、別れを惜しんだわけですが
まったく!JRたる者、休日前くらいは24時間営業にするべきですワ。


別れを惜しみつつ、お酒を飲むに当たって一番の肴は話の合う友人だと思いつつ、
今度はこたつさんのふるさとへ美味探求の旅に出たいものだなぁと思いました♪

3D的絵画世界

海外には「バレンタインデー」というのはあってもホワイトデーというのはないのですが、
何故か日本には、このホワイトデーなるものがあります。
めんどうだから義理のバレンタインデー&ホワイトデーはやめてしまえばいいと思うのですが。。。
そんな中、このような活動をされた方たちがw


サテ、時には心しずかに、穏やかに夜をお過ごしください。

こういった絵や音楽はなかなかどうして、嫌いではないのですが
惜しむらくは動画自体が小さすぎて文字が読めないことでしょうか?
「詩中に画あり、画中に詩あり」とは北宋の蘇子瞻が王摩詰を評したものでしたっけ    

ウワサのSNS

JavaScriptを悪用してブラウザを狙い、個人情報を盗まれたり
Webページを改竄されたりという事件が起きているようですが
このテのことに無知・無防備な人間にとっては
「大変なことが起きているらしい?」程度の危機感しかもてません。。。


サテ、時代はSNS!の中でとうとう「出会い系SNS」が出たようです。
その名もLocu
「独身者を対象とした恋愛・結婚」の出会い系を堂々となのるあたりは
なかなかのツワモノなのですが、25歳以上という年齢設定がよくわかりません。
ネカマが増えるのではないだろうか?年齢詐称者が増えるのではないだろうか?
という気もしますが、これは自己責任orしかたのないこと、に
なってしまうのでしょうか?こちらもナゾです。。。

どなたかMyrthaに代わって登録&内容の詳細報告をしてくれないものだろうか?
モチロン、結婚に結びついたら、何よりも先に報告してもらいたいものです♪

忍び寄る恐怖

ドイツの研究者が人の心を読む機械を開発したらしいのですが
このようにMRIのような大きさの機械では街を歩いている時には
使えそうにないので犯罪捜査くらいしか役に立たないのではないかとか思いました。


サテ、以下のサイトを見る場合はあくまでも自己責任でお願いします。
何があろうと、
例えば自分の身に災厄が降りかかる、
友人の身に災厄が飛び散る、
空からドリアンが大量に降ってくる、などがあろうと
私は知りませんたら知りません!

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=10236634


小心者の私はクリックできずにおりますが^^;



-------------------------------------------------------
補足;http://www.joyus.jp/diary/
こちらも自己責任で・・・

ナゾ

マレーシアのチュア保健相は「ハンバーガーは『静かなる殺し屋』だ」と指摘し、
「広告が禁じられている酒、たばこと同様に扱われるべきだ」と強調したそうな。。。
ま、「スーパーサイズミー」なる体を張って実験した監督の「ハンバーガーは
途中までは食べていられるが、突然吐き気のような、嫌悪感に襲われ、
それを過ぎればかえって快感になる」とかいう発言を聞いてしまえば、年間に1~2回程度、
なぜか無性に食べたくなるMyrthaでも多少の依存性のある食べ物なのだろうと考えてしまいますw


サテ、ごく一般的な会社には顧客情報やら取引先情報やら、その他モロモロの情報を入力した
データベースの一つや二つはあることと思う。

当然ワタクシの勤めていることになっている(らしい)職場にもこのデータベースがあるのだが・・・
本日どうツッコミを入れたらよいのか非常に迷う事態に遭遇した。

名前の欄?
普通に入力するだけです。
もちろんその他モロモロも、手順通りに入力するのみです。

問題は・・・


性別


です。

男性、これは霊長類ヒト科上当たり前。
女性、これも霊長類ヒト科上当たり前。

中性、まぁ・・・霊長類ヒト科上、「まったくない」とはいいきれませんわな。
オカマとか、オナベ、とか。。。

問題は   






なんですか?
この「謎」って。。。


男性でもなく、女性でもなく、オカマでも、オナベでもない性別が
霊長類ヒト科にはあるのですか?

データベース製作者のお茶目心(ただのいたずら?)にニンマリしつつ、「謎」の項目を入力するのは
でんでん虫さんかセーラーウラ×スが現われた時くらいであろうと密かに思うのであった。。。

格差社会到来?

ITmediaで「職場でのサイト閲覧」のプライバシーを守る方法が書かれていたが、
これだけではプライバシーを守れていないような気がするのは私だけだろうか?


サテ、タイトルを見て「今ごろ何をいっておる。格差社会はとうに到来しておる」と思った方は
早とちりさんか、超能力者かのどちらかであろう。

これまでのBlogでは不可能だった「質の高い記事を書いて収入を得る」という仕組みを
作ろうと目指しているアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)という
Blogに広告を配信する日本初のブログネットワーク運営会社が誕生したらしい。

この会社の目標を見てみると

1. 有力ブログへの営業支援を通じて、検索関連広告ならびにアフィリエート広告に続く「第三の収入源」を提供。さまざまな分野に関する質の高いブログの増加・充実に向けた環境の整備を進めることで、日本(語圏)のネットコミュニティの発展に寄与する。

2. パートナーとして参加いただく各ブログ(「媒体」)を接点とした、読者のみなさんと協賛企業のみなさんとの新たな「関係づくり」を支援する。

3. メディアの特性や現状を熟知するパートナー・ブロガーのみなさんに積極的にネットワークの運営に参画いただき、当事者のみが有する知見やアイデアを活かした商品・サービス開発を進めることで、「読者」「ブロガー(情報発信者)」「協賛企業」の三者がともに、これまでにないベネフィットを享受できる「win- win-win(トリプルWin)」な関係性の実現に尽力する。。

とある。
そして、「パートナーブログの選考基準」を読んでみると、

・ 特定領域に関する専門性をベースにした情報フィードがあること
・ プロフィール、もしくはそれに準ずる内容が公開されていること
・ ブログの運営者が特定できる(責任の所在が明らかである)こと
・ 問い合わせ先が明記されていること
・ 平均して週一回以上の更新があること
・ 事実を重視し、虚飾がないこと
・ 引用(リンク)を適度に活用していること
・ 読者や他のブロガーとのインタラクションを厭わないこと
・ 今後、月間平均で5万ページビュー以上の閲覧が見込めること

とあり、さらに今現在AMNに登録されているBlogを見てみると、
[N]ネタフル(コグレマサトさん)
404 Blog Not Found(小飼弾さん)
情報考学 Passion For The Future(橋本大也さん)
Life is beautiful(中島聡さん)
メディア・パブ(田中善一郎さん)
On Off and Beyond(渡辺千賀さん)
isologue(磯崎哲也さん)
といった、アルファブロガーが中心に登録され、その他にも
Ad Innovator(織田浩一さん)
mediologic.com(タカヒロさん)
など、ソウソウたるBlogがそろっている。
このAMNというWebサービス、アクセス数の多いBlogが一挙に見られるという意味では
便利かもしれませんが、ワタクシの処のように辺境のBlogにはあまり関係がない、かな?w


2006年のアルファブロガーTOP40はこちら

上邪!

「オタクの聖地」として名高い秋葉原はすっかり観光地化してしまったため
肝心のオタクたちは「中野」に逃げてしまったわけですが、今度は
立川市が新たなる聖地となっているのだとか・・・
これ以上「オタクの聖地」を増やしてどうするのだ?


サテ、春節が2月18日、啓蟄が3月6日、というわけで暦の上ではすっかり春になったから、
というわけでもありませんが、Blogの模様替えをしてみました。
寺院テンプレ

↑この寺院(?)のイラストはなかなか好きだったのですが、如何せん冬のイメージが強い。。。
というのはオモテの理由で、ウラの理由は「リンクを貼った文字が見にくいから」だったりします^^;
今度は、しんぷる いず べすと、でいきます。
で、当分は変えない予定、と。。。

それに伴い、今までひそかに忍ばせていた
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW">
などという、検索エンジンよけの呪文を外してみました。

嗚呼、神さま仏さま!アラーよ!アフラ・マズダーよ!
どうかこの日記が爆発炎上&私が某掲示板に祭り上げられる、
などということがありませんように!
嗚呼、我らが神よ!

Myrthaとは

国際情勢に最も肯定的な影響を与えている国の1つは日本-。
世界の多くの人々がこのような考えを持っていることが、英BBC放送が6日公表した
27カ国の2万8000人が対象の国際世論調査の結果で明らかになったそうな。
日本ではネットニュースはともかく、テレビでは
放送されていないような気がしてならないのですが。。。


サテ、以前どこかに書いたような気もするのだが、私のハンドル・ネームを「M氏」や
「ミルサ」「ミーシャ」などと呼ぶ御仁がおられるようなので、このハンドルのことなどを少し   
「M」ではまるで「既婚者=Married」だか「自虐性な人=Masoch」だかのようではないか…
いくらなんでもこれはあんまりだ。。。

ということで「Myrtha」について。
読み方:Myrtha=ミルタ
ミルタはバレエ組曲「ジゼル」に登場するウィリという精霊の女王の名前。

突然「バレエ組曲『ジゼル』」といわれても???でしょうからこれについて少し説明を・・・

ジゼルはロマンティック・バレエの代表作で、
フランスのロマン派詩人テオフィル・ゴーチェが熱愛するバレリーナの
カルロッタ・グリジのために、詩人ハイネの本から着想を得て台本を書いたもので、
東欧の民間伝承を下敷きにしているそうな。。。

初演は1841年(日本では水野忠邦の「天保の改革」が始まった年)。
パリ・オペラ座でのことである。
作曲者はアドルフ・アダン。

ストーリーは、
(第一幕)
舞台はぶどうの収穫期のドイツ。
村娘ジゼルは村に来る若者アルブレヒトに恋をする。
しかし実はアルブレヒトは貴族で、しかも婚約者がいた。
その事実を知った心臓の弱いジゼルは錯乱し息絶えてしまう。

(第二幕)
ジゼルの死を嘆いたアルブレヒトは夜中にこっそり森の中のジゼルの墓参りに行く。
しかし夜の森はウィリ達の支配する死の世界。
結婚前に死んだ若い娘たちがウィリとなって侵入者を死ぬまで踊らせるところだった。
アルブレヒトもミルタに見つかり、死ぬまで踊るように命じられる。
ジゼルはウィリの女王・ミルタに白い百合を差し出し、アルブレヒトを助けるように哀願するが、
ミルタは冷ややかにこれをしりぞけ、ジゼルは他のウィリ達からアルブレヒトをかばいつつ一緒に踊る。

アルブレヒトが疲れ果て息絶えそうになった時、夜明けの鐘が鳴り響き、空が白んでくる。
ウィリ達は次々に消えていき、ジゼルもアルブレヒトに愛を告げ朝露の中に消えてゆく。
舞台にはアルブレヒトが一人残される、というもの。

男がだました女に最後は赦されるというなんとも都合のいいストーリーだが、
主役を演じるバレリーナにとっては最初は闊達な少女、次にその娘が狂乱に陥るさまを、そして後半は死んだ後の姿を演じなければならないという一大試練といっても過言ではない演目である。

 ・・・
 ・・・

えーと。。。
つまり「Myrtha」とは、バレエのジゼルという演目に登場する精霊・ウィリの女王ということです。
それだけです。。。


おまけ;ウィリたちとミルタの踊り

恐怖の地図

少し前に、中国は雲南省富民県で「岩肌をペンキで緑化」事件がありましたが
今度は同県で山肌を赤く塗ってしまったよ事件があったそうな。。。
次はきっと黄色がでてきますねw


サテ、怖ろしげなるものを見つけてしまった。
それがこの画像。
医療崩壊地図

Googleによる日本地図なのですが、矢印の部分にカーソルを当ててみると・・・


「○○病院×△科休止(H○年.○月)と出てくるのですね。。。
くわばらくわばら。。。
一患者としては医療ミスもこわいのですが、この、「診療科がなくなりつつある」というのも
ひとつの恐怖です。
不具者はサッサと死ね!ということなのでしょうか?
どうかこの地図がネタでありますように   


地図を見てみる

字幕in ミクシィ

前略
3月4日のいけにゃん祭りでMyrthaに優しい言葉をかけてくださったみなさま、
かまってくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。
これからもよろしくお願いします(-人-)


海外からの観光客を呼び集めるために「おたくの国・日本」を売り込んでいるらしいのですが
海外の方々はいまだに、
「おたく=その道を極めたプロフェッショナル」と考えているのでしょうか?
ジャンルによっては、究極のおたく=研究機関の研究者、ともなるのでしょうけれど。。。


サテ、まずはこの動画を見てくだされ。

字幕が見えない方はこちら

外国語を面白おかしく日本語に翻訳しなおすという意味では、
東方千年帝国協会宣伝相の悩み伍長閣下大いに語ると同じなのですが、
「管理人以外でも字幕を付けられる」という点に面白みを感じますw
たくさん日記を書かれると迷惑というわけではないのですが、
この翻訳、なかなか面白いこといっていますねぇ。。。

追伸;
こたつさん上京オフはまだ参加者を募集中でありますのでヨロシク♪

知っていると便利かもしれない

少し前にアメリカで、成人のMySpaceユーザーから誘い出され、暴行を受けたと訴える
少女の親たちがMySpace.comおよびNews Corp.を相手取り民事告発した事件がありましたが
日本でも、mixiで知り合った女性を自宅マンションに連れ込み、
暴行しようとした男性が逮捕されたという事件がおきてしまったようです。
身の安全を最優先するか、新たなる出会を求めるか、いずれにせよ、こういった事件の
起こるたびに、女性には男性にはない足枷があると、嫌でも感じますわな。。。


サテ、時には「知っていると便利かもしれないサイト」を紹介してみるw

SUBWAY MAPS
 世界中の地下鉄を網羅しているサイト
駅探
 乗換え案内・時刻表・路線検索サイト
えきから時刻表
 全国のJR・私鉄時刻表、のりかえ案内検索サイト
旅侍
 ホテル周辺のグルメスポットもチェックできる国内旅行検索サイト
スゴイ地図
 雑誌感覚のローカルサーチサイト
キョリ測
 地図をクリックして距離の測定&消費カロリー計算も出来てしまうサイト
さくらマッピング
 さくらを通じて地球の気象変動をウォッチ&世界とつながるプロジェクトサイト
中華大辞典
  中華料理の専門調味料や食材を紹介するサイト
BAR-NAVI
 お酒やアルコールの飲めるバー検索サイト
シンプル飲食検索
 快適にレストラン・飲み屋・飲食店を探して、候補を一覧表で比較&友達とも共有出来るサイト
食べならべ.com
 ならべて選ぶ、グルメ情報サイト
求索
 仕事を探す時のシンプルな求人情報検索サイト
Verble
 本で見つけた名言を投稿・検索できるサイト
投稿動画検索
 gooによる画像・動画・音楽検索できるサイト
MyTube
 YouTubeをはじめ、世界の各動画サイトの動画を一発で検索できる横断検索サイト
旧暦計算ライブラリ
 現在の暦から旧暦や六曜、24節気を求めるためのライブラリサイト
ちょっと便利帳
 福島中央テレビの制作のチョットばかり便利なサイト
一人暮らしのコツ
 一人暮らしの生活に役立つ知識を掲載しているサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。