スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々、無性に…

MSN産経ニュースに「【サブカル最前線】人には教えたくない…アキバの隠れ家発見などという記事が
あるのですが、記事にしてしまった時点で秘密になっていないような気がしますw


サテ、時々、無性にやりたくなり、そして夢中になり、やがて飽きて見向きもしなくなる、
を繰り返しているFlashゲームがある。
それがこのSquares2というゲームだ。
操作はいたって簡単で、まずは「play」をクリッする。

squares2

次に、中心にある黒い四角をマウス操作で赤い四角&丸に触れないように黒い四角を
ただひたすら集めていく、というもの。
途中に四角い丸も現われますが、これを捕まえると、赤い四角の速度が遅くなったりするようです。

squares2


ちなみにこれを長時間やっていると、小学校時代の「床の雑巾がけ」を連想し、
昔を懐かしんでしまうのは私だけでしょうか?


マウスで四角形を集めるミニゲーム「Squares2」をやってみる
スポンサーサイト

受験シーズン到来

中国の動画共有サイト「Youku.com」の視聴数が1日1億本を突破したそうですが、これは「Googleに買収された当時のYouTubeに匹敵」するアクセス数なのだそうな。
早速Youku.comを見てみたのですが、日本のアニメがフツーに見られたりするところをみると、JASRAC&著作権改正法案はどうするのかしらとか思ってしまいます。
ま、なまぬるく今後の経過を見守りましょうw


サテ、教科書でおなじみの明治書院のwebサイトの一角に「今月の漢文」というコーナーがある。
明治書院から刊行されている、そして高校の図書室などに置かれている「新釈漢文大系」シリーズの
宣伝を兼ねたものと思われるが、Myrthaがひそかに毎月楽しみにしているコーナーであったりもする。

昨年は日本漢詩を取り扱い、12月は忠臣蔵で親しまれている四十七士をテーマにした「泉岳寺」という
七言絶句で終わっていた。
今年はどんな詩を取り上げるのだろうかと楽しみにしていたのだ。
引き続き日本漢詩を掲載するのか、はたまたまったく異なる詩を取り扱うのか・・・

そして平成二十年戊子の漢詩は・・・

一月の漢文

白居易の著作物を集めた『白氏文集』でありました!
日本漢詩にせよ本場中国の漢詩・漢文にせよ、1月とあらば「正月のめでたさ」を選びそうなところですが、「受験生のあせり」を詠った漢詩を選ぶとは、このコラムの執筆者は一体どんな顔をしてこの詩を選び、そして執筆したのだろうかと想像しつつパソコンのモニター画面を眺めるのもなかなかにオツなものです。

しかしこのコラム、それほど広くもないスペースについてを考えると「長恨歌」などの長篇詩や文章は掲載しにくくなるような気もするのですが、そのあたりのことがどうなるのかも含めてまた1年間楽しく拝見することにしたいと思います♪

ちなみにこのコラムはInternet Explorerで見る分には「縦書き」で見られるのですが、Fire foxその他のブラウザで閲覧するとCSSが対応していないのか「横書き」になってしまうようです。
漢詩漢文を読むならば、やはり「縦書き」で読みたいものですネ♪


明治書院のサイトはこちらから
「今月の漢文」はこちらから

Myrtha、宣言す。

草思社が東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請したそうですが、中堅出版社が
経営破綻したとなると、私が普段購入している中小零細出版社は大丈夫なのだろうかと
心配になってしまったりします。
漢文・漢詩が不人気なご時世でもありますしね・・・


サテ、新年早々に職場のオッサンやらじぃさまやらが「いい加減さっさと結婚せい!」などと
よけいなお世話というか、過干渉というか、公私混同というか、セクハラというか、のようなことを
今年も言い出した。

そこでMyrthaはどうしたか?

「セクハラである!」

と、怒りもあらわにした?

否。

「結婚したくなるようなイイ男を紹介せよ」と言った?

否。

正解は、声高らかに宣言したのだ。
曰く、

「論語20篇499章を全て暗記し、且つ、七歩歩く間に漢詩を一首作れないような男とは結婚しません!」

と。

オッサンやらじぃさまやらは
「またそんなことを・・・そういう気の狂ったことを言っとるから結婚できないんだ   
などとボソボソと言っていましたが、結婚を人に強要するのも如何なものなのでしょうねぇ。。。

ま、とりあえず、職場関係者にはそのような男性はいないと思われますので、当分の間はまた
平和でいられるのではないかと思われます♪

選挙

アメリカの大統領選挙が注目されているようですが、女性大統領を嫌う人々と、黒人大統領を嫌う人々と、保守主義すぎる大統領etc etc etcを嫌う人々が選ぶ大統領となると、一体どうなるのでしょうね?

個人的意見を言うならば、ブッシュぱぱ4年、クリントン夫8年、ブッシュ子8年の後に、ヒラリー・クリントンが4年(or8年)となると、ブッシュ家とクリントン家が世襲にも近いような感じで半ば独裁的に続いてしまうことになるわけで、それをアメリカの市民が認めるのだろうか?ということが大いに気になっていたりしますが、とりあえずは、「黒人大統領を嫌ったKKKのメンバーが射殺」などという流血事件がないことを祈るばかりであります(-人-)

恭頌新禧

新年
明けましておめでとうございます。

昨年中は弊Blogにアクセスくださり、まことにありがとうございました。
師走には更新の滞りがちだった日記も、心を入れ替えて更新したいと思いますので
本年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

平成20年戊子 Myrtha拝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。