スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜ぶべきか、それとも…

北京五輪も無事に終わり、フト、ネット世界に足を踏み入れるといつの頃からなのか、
北京五輪の画像集[魚拓]などというものも出回っていた。
アスリートたちの迫力ある表情は勿論、テレビでは放送されない角度からの写真もあったりして
なかなか興味深いものがありました。
メダルを取れた選手もとれなかった選手も、納得のいく結果を出せた選手も出せなかった選手も
みなさま本当にお疲れさまでした(-人-)


サテ、先日。
某友人に「Myrthaさんって、シヴァ神っぽいですよねー」といわれた。

私には「シヴァ神はオウム事件の時に騒がれていたインド系の神様」といった程度のことしか
知らなかったので、
「はぁ…。そーなんですか?」となんともマヌケな返答しかできなかったわけですが、後に調べてみると
どうやら「ヒンドゥー教の三最高神の一柱にして、破壊と再生の神」であるらしい。
元々は台風の破壊力の凄まじさから生まれた神であったが、後に再生をも司るようになったのだとか。

「破壊神」ねぇ。。。

誉められたのか、貶されたのか。
はたまた、ここは喜ぶべきなのか、怒るべきか。
この場合、どうなんだろうか?


余談だが、ヒンドゥー教の最高神は創造神ブラフマー、維持神ヴィシュヌと、この破壊神シヴァのお三方になり、あとは宗教上の派閥によって、「お三方のうち誰が最高神か?」といった問題が生じているのだとか。。。
神サマも大変だ。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。