スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誉め上手な人

『増注聯珠詩格』注釈 巻之七
  [用底事字格]   底事字を用ふるの格

     ぼくちく                      ちんげつくゎん
     墨竹            陳月觀
●  ●  ○  ○  ●  ●  ◎      ぎょくりつ せうせう     たけすうかん
玉立蕭蕭竹數竿    玉立蕭蕭たる竹數竿
○  ○  ●  ●  ●  ○  ◎       ふうし    ろえふ   せいかん  お
風枝露葉帶清寒     風枝 露葉 清寒を帶ぶ
●  ○  ○  ●  ○  ○  ●      きうねん   こきょく   じんか    み
舊年湖曲人家見    舊年 湖曲 人家に見る
●  ●  ○  ○  ●  ●  ◎      なにごと     しじゃう   うつ   き       み
底事移來帋上看     何事ぞ 帋上に移し來たりて看る
                                             (上平聲十四寒韻)


【通釋】
 美しく立つ、ものさみしそうな何本かの竹
 枝を渡る風や葉に浮かぶ露が清らかな寒さをまとっている
 むかし、湖畔の人家に植えられているのを見たが
 どうして(今、私は)紙の上に移されてきた竹を見ているのだろう

【注】
形容竹逼眞有聲之畫也(竹を形容して眞に逼る。有聲の畫なり)
   竹の姿を形容して真実にせまる。詩と絵が一体になっている絵画である。

[]杜詩雲飛玉立盡清秋①王荊公詩風枝雨葉瘠土竹②(杜が詩に雲飛びて玉立盡く清秋、王荊公詩に風枝雨葉瘠土の竹あり)
  杜甫の詩に『雲飛びて玉立盡く清秋』。王荊公の詩に『風枝雨葉瘠土の竹』とある。
  
①全唐詩に「見王監兵馬使説近山有白二鷹羅者久取竟未能得王以為毛骨有異他鷹恐臘後春生鶱飛避暖翮思秋之甚眇不可見請余賦」という杜甫の詩があり、「雪飛玉立盡清秋,不惜奇毛恣遠遊。在野只教心力破,于人何事網羅求。一生自獵知無敵,百中爭能恥下韝。鵬礙九天須卻避,兔藏三窟莫深憂。」とある。

②『山谷内集詩註』巻十五の「題子瞻畫竹石」詩に「風枝雨葉瘠土竹,龍蹲虎踞蒼蘚石。東坡老人翰林翁,醉時吐出胸中墨。」とあるので、この詩は王荊公(王安石)のものではなく、黄庭堅の詩の誤りであろう。

覩物而有懷舊之意亦寓感慨(物を覩て、舊を懷ふの意有り。亦、感慨を寓す)
    物を見て昔を懐かしく思う心がある。また、感慨を寄せる(寄託する)詩である。

〈陳月觀〉
陳月觀は宋元の際の時の人なり。『鄱陽五家集』巻一、宋の黎廷瑞の『芳山洲』に「金陵陳月觀同年三首」有り。陳氏可能(おそらく)は金陵の人爲るを見る可し。黎廷瑞(1250~1308)字は祥仲は、鄱陽(現在の江西省波陽)の人なり。度宗の咸淳七年(1271)、同じく進士出身を賜ふ。陳氏之と同年なれば則ち亦た咸淳七年の進士なり。宋の亡びし後、陳氏可能(おそらく)は北方に漫遊せり。汪夢斗の『北遊集』巻上の「山陽寄陳月觀」に云ふ。「幽州此去三千里,行客當歸六月期」と。又た王奕の玉斗山人集巻二に「見陳月觀二首」の二に云ふ有り。「燕臺接武何多隗陀,呉國孤騫未見雲」と。又た多年未だ江南に回らず(幾年不踏江南路)。之と交遊する者は黎廷瑞・王奕・汪夢斗等の人有り。


参考文献
・唐宋千家聯珠詩格考證 卞東波考證 鳳凰出版社 2007年
・杜詩集註 仇兆鰲注 中華書局 1979年
・黄庭堅集注 劉尚榮校點 中華書局 2003年

↓原文ナリ
増注聯珠詩格・墨竹

○→平声
●→仄声
◎→押韻


「なるほど。人サマの描いた絵を誉める時はこのように誉めるのか!」という詩であろう。
詩の趣旨は「竹の絵を見ているが、昔見た人家に植えられていた竹そっくりだ。何と上手なことだろう!」といったところ。



蛇足
漢詩を書くときは、原文と書き下し文を少し大きなフォントで設定しているのですが、InternetExplorer(IE6だけ?)では少々見にくくなってしまうようです。Firefoxでの動作確認をしているので、こちらをオススメします(IEより軽いしねw)
スポンサーサイト

嗚呼懐かしの寺好き…

震災でおちゃらけたことやばかばかしいこと、ユーモアは不謹慎だという扱いを受ける今日この頃ですが、震災中で重苦しい雰囲気がただよっているからこそ、明るい、ばかばかしい話題のほしい昨今であります(マッタク、窒息シチャウヨ…)

サテ、今は無き(といってもBlog=共和制に移行したという見方も…)寺好きサイトの一部の人々にとっては懐かしきFlashをニコニコ動画で見つけましたので御覧下さい。

伍長閣下大いに語る ‐ ニコニコ動画(原宿)


宣伝相の悩み ‐ ニコニコ動画(原宿)


残念ながら「万歳ヒットラー・ユーゲント 」は見あたらなかったのですが、同じ歌のものがありましたので、そちらを御覧下さい。
<軍歌>万歳ヒットラー・ユーゲント(独逸青少年団歓迎の歌) ‐ ニコニコ動画(原宿)

万歳ヒットラー・ユーゲント - YouTube

今は動画といえばYoutubeなどの投稿サイトとなってしまっていますが、古き良き時代(?)はFlashだったのですよね。
栄枯盛衰の儚さ哉   .
しかしよく保存した人がいたものだなぁ。。。

その他にもブックマークの整理中に見つけたFlashをUpしますので、Flash全盛期のことを懐かしみつつ御覧下さい。
当然のことではありますが、リンクを張った側から削除されている可能性もありますので、その時にはGoogle先生に聞いてみて下さいm(_ _)m
尚、これも当然のことながら、これらのFlashはMyrthaの思想・主義とは一切関係ありませんのでその点、よろしくです。

日本・トルコ友好秘話 | エルトゥールル号遭難

大和心とポーランド魂YouTube版

ロシア動乱

日露戦争

大日本帝国の最期 第壱幕

大日本帝国の最期 第弐幕

大日本帝国の最期 第参幕

朝鮮戦争前編ver1

朝鮮戦争後編ver2

アサピーフラッシュ倉庫

ウリナラマンセーの歌
補足という名の参考ウリナラマンセー

もすかう(その2)

冬ソナ(日本語訳)

Oliver Kahn

資料室:世界の文化・歴史に関するレポート

母さんが死んだ

それでも生きていこう

金太の大冒険

ピエールとカトリーヌ


追記;
ヒトラーユーゲントのFlashも発見しましたので、併せて御覧下さい。
なんか違う ‐ ニコニコ動画(原宿)

震災から10日経ちまして…

東北地方太平洋沖地震から10日が経ちましたが、相変わらず被災地では悲惨な生活が続いているとのことです。こういう時は募金程度しかできないのが何とももどかしいのですが、彼らに一日も早く救助の手がさしのべられますように   .

まだまだ余震が続き、予断の許されない状況ですが、Google Mapを使って一連の地震を可視化したものがありました。

JapanQuakeMap


全て見終わるには少々時間がかかりますが、このJapan Quake Mapによると、3月11日から20日現在、600を越える地震が起きていることがわかります。左側が地震の起きた場所と地震の深さを色によって変えることによってより見やすくし、右側では地震の起きた時間とマグニチュードが表示されています。

このMapをみていると打ち上げ花火のフィナーレ状態の地震の連続で、東日本が大爆撃を受けているようにも見え、よく東日本の陸地がなくならないものだと思ってしまうほどです。
そして対照的なのが西日本の静けさ…
経済や明るい話題は西日本にまかせるより他なさそうだなぁ。。。

Japan Quake Mapを見てみる

つづいて首都圏を中心とする物資の買い占め状態にはこの方がお怒りのようです。

買い占めするならカネ送れ ‐ ニコニコ動画(原宿)


うーん。。。
総統閣下はいつになく正論を述べておられるぞw
首都圏では、一部の人が物資を買い占める→買い占める気のない人も不安になって買い占め→物流が滞る→物資の欠乏→買い占める人が出る、の悪循環が続いている状態です。彼ら、オイルショックの時から何も学んでいないようだなぁ(-_-;)
物資の不足についてはみんなで分け合えば、できること。という画像も出回っていたりします。こんな時だからこそ、首都圏在住者としてはゆとりを持って、分け合っていきたいものです。

そして、ネットでは大船渡市で救助されたおじいさんのひとことが「はげまされた」といって話題になっています。

東日本大震災70代のおじいちゃん「また再建しましょう」- YouTube


何と朗らかで力強いひと言でしょう!
関係者の方々、違法なのは重々承知ですが、こういった動画は削除しないで下さい(-人-)

日本に帰化したラモス瑠偉さんも励ましの声を送っています。


大変なときだからこそ、みんなで少しずつ協力し合って乗り切りたいものです。
今回はチョット「クサい」文章になってしまったかな?
Myrthaもイロイロ動揺しているということでご勘弁をm(_ _)m


---その他記事は下記のサイトからどうぞ(順不同です)---

Dairy Mail Onlineの撮影した写真はこちら
Japan earthquake and tsunami: The moment mother nature engulfed a nation[魚拓]

こちらはアメリカのABC Newsの大きな津波の被害を受けた被災地の地震前と地震後の衛星画像です。画像を左右にスライドさせるとその被害の凄まじさがよくわかります。
Japan Earthquake: before and after

米軍の活躍を撮影した写真はこちらから。アメリカはどうしてこう見せ方が上手なのでしょうか?
Operation Tomodachi - a set on Flickr

計画停電の地域を可視化した地図はこちらから
東日本巨大地震 - 計画停電マップ

お見舞いのあった国、地域、団体の一覧はこちらから
お見舞いの表明のあった国,地域,国際機関一覧[魚拓]

最後に、義援金の寄付を考えている方はこちらのサイトを参考にしてみるのもよいかも知れません
募金情報まとめ - 平成23年東北地方太平洋沖地震

地震後の…

職場から3時間半くらいかけて徒歩で帰宅したら、部屋の本棚がすごいことに…

地震後


一体どこから手をつければよいのやら…
みなさんはご無事でしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。