スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧支配者捕獲

宇宙空間に浮かべた巨大鏡で太陽光線を反射させて地球の温暖化を
防止しようという意見をアメリカが提案したらしいが
スターウォーズ計画の頓挫に懲りていないとみるべきか、
忘れてしまっているとみるか。。。


サテ、少しばかり前の話になるのだが、南米のコロンビアで正体不明の2本足の生物が
見つかったのだとか。
それがこの写真↓

クトゥルフ

そして以下のような記事が添えられていた。

2本足の謎の生物、網にかかる コロンビア

 南米のコロンビアで正体不明の2本足の生物が見つかったと、エル・ティエンポ紙が報じた(El Tiempo 2006年12月11日)。

 正体不明の生物が見つかったのはコロンビア北部の潟湖。網にかかっているのを漁師のウィリアム・ブランコさんが発見した。

 この生物の頭部は丸くて大きく、体からは2本の足が生えている。長い尾のある姿はおたまじゃくしに似ているが、体長は35センチほどもある。

 体の特徴からこの生物は両生類とみられているが、正体は分かっていない。


・・・
・・・・・・
これって、クトゥルフですやん!

感想おしまい。

クトゥルー神話の話はその方面の方々が詳しいのでそちらに譲るとして
Myrthaの記憶にあるクトゥルフ像をば。
モチロン一知半解にしてかなりあやふやな記憶なので間違っている箇所もあるかと^^;

・体は鱗に覆われている
・頭部はタコ!
・獣風な手足
・しっぽはなかったような気がする。。。

遥かな昔に海底都市ルルイエで永の眠りにつき、復活を待っている。そして復活を遂げた暁に
再び地球を支配すると聞いていましたが、すでに復活し終えていたのですねぇ。。。
地球を支配下におく前に、人間に捕まってしまったところを見ると
人類に恐れられていたオッカナイ(らしい)神さまもぞんがいオッチョコチョイで
かわいらしい存在なのかもしれないw
そして一番の驚きは想像以上に小さい、ということでしょうか?

コメント

めっちゃ持ち上げられてるよカミサマ!(爆笑)
つーか、なんだろね、これ。
食べたくはないな、確実に。

でもコレ両生類でオタマジャクシみたいなモノだとすると、成長したら本当にクトゥルーになるかもしれません。カエルみたいに尻尾も消えちゃって。

でもコイツが2足歩行してたらちょっと可愛いかも。。

>nobukoさん
カミサマに見えたのは私だけではないのだねw←安心したらしいw
このぐったり気味のカミサマ、人間に持ち上げられて
「ぐぇぇぇええ」とかいっていそうですw

>Magicさん
>成長したら
(手をぽんっと)そうか!
これはクトゥルフの子供だったのですね!

始めは「にゃにこの気色悪いの・・・」と思っていたのが
じーーーっと見ているとだんだんかわいいかも・・・と思ってくるあたりに
「旧支配者のチカラ」を感じます。
このコが歩くとしたら「ほてほてほて」という擬音がぴったりです♪
歩いているところを見てみたい~(をい!

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。