スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつのまに?

asahi.comによると、カラオケの歌い過ぎで声帯の粘膜が腫れたりする
「カラオケポリープ」と呼ばれる症状を訴える人が増えている。
最近の流行歌は高音域の曲が多く、無理な発声をすることも影響しているようだ。
喫煙や飲酒しながら「熱唱」すると症状を悪化させ、
摘出手術が必要なケースもある、のだとか。。。
カラオケに行こうという発想すらありませんが何か?


サテ、なぜこのようになってしまったのかサッパリわからない。。。

論語

見てのとおり、『論語』の山である。
写真が小さいので、簡単な書誌事項も書いておこう。

前列(といっても一つだけですが^^;)
・珍袖論語
 山本邦彦・編,財団法人斯文会 金六十銭(1000円)

中列左側
・論語集釈(講談社学術文庫)
 宇野哲人・著 ¥1350

・現代語訳 論語(岩波現代文庫)
 宮崎市定・著 ¥1200

・論語の新しい読み方(岩波現代文庫)
 宮崎市定・著,礪波 護・編 ¥1000

・論語(岩波文庫)
 金谷 治・訳注 ¥570

・論語知らずの論語読み(PHP文庫)
 阿川弘之・著 ¥705

・論語(講談社学術文庫)
 加地伸行・著 ¥1200

後列左から
・標註 論語集註
 渡辺末吾・著,武蔵野書院 ¥1300

・論語集註 全四巻(新編諸子集成)
 程樹徳・撰,中華書局 63.50元

・論語集註
 真田但馬・吹野 安。編,笹間書院 ¥1700

今回は書名に『論語』と書かれた物のみをUPしてみましたが、
そのほかにも朱子の四書集註(ししょしっちゅう・四書とは大学・中庸・論語・孟子のこと)
などをいれるともう少し増えることでしょう。
そして、そこへ、「孔子」や「儒教」などという言葉の入っている書名を探せば
携帯電話のカメラでは収まらなくなることはうけあい!ですw

こうしている間にも、
・論語のことば(MY古典)
 村山吉廣・著,斯文会発行 明徳出版社 ¥1300 や、
・高校生が感動した「論語」(祥伝社新書)
 佐久 協・著 ¥840 や、
・寝床で読む『論語』~これが凡人の生きる道~(筑摩新書)
 山田史生・著 ¥700
などがぞろぞろと発掘された。
ポイントは「あまり高価で重要な書籍はない」ということだろうか?
同じ本を2冊以上買っているケースもあるような気がするがあまり考えないようにしよう(-_-;)

しかし私はいつから論語の熟読に励み出したのだろうか?
論語研究を本腰入れて・・・はしないだろうなぁ。。。

コメント

うぁ~~スゴイですねコレ。。全部読まれたんですか…?

丁度こないだ『高校生が感動した「論語」』を本屋で見つけて、パラパラ開いたら結構面白そうだなと思ってたところです。

現在公開中の映画『世界最速のインディアン』で
毎朝庭のレモンの木に向かって用を足す主人公が
「小便は最良の肥料なりって孔子も言ってるぞ」と
隣の家の子供に教えるシーンがありましたが

・・・本当にそんな事言ってたんでしょうか。
ちょっとだけですが気になります。

カラオケはストレスの発散にちょうど良いです
でも、1人で行ったら胃が痛くなりました

>Magicさん
参考書的なものもありますので、全て読み終わっているわけではありませんw

論語入門者でしたら、村山吉廣の『論語のことば』を、
論語初心者でしたら宇野哲人の『論語集釈』をおすすめします。
宇野論語は朱子の註釈に忠実に書かれていますので、
ある意味で江戸時代に官学とされていた正統な読み方ですw

>ソシ・ヨクシさん
>・本当にそんな事言ってたんでしょうか。
ワタクシもとてつもないほど興味があります。
是非とも論語を読破されて、「○○篇にあった」と報告してくださいませ。

>しんのすけさん
歌を歌いにいってなぜ胃が痛くなるのかが今ひとつよくわからないのですが。。。
ちなみにテレビなどでカラオケのシーンを見たことがありますが、
あの中に身をおくというのは、想像するだけでとてつもない苦痛を強いられます。
テレビでカラオケシーンが放送されると即座にチャンネルを変えてしまいますw

1人で行くと寂しいのです・・!

なるほど!
でも痛くなるのは腸なのでは?
って、それは悲しい時ですね^^;

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。