スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Myrtha、大いに釣らる。

 アジャイルメディア・ネットワークが行った「ブログ読者のメディア利用動向に関する調査」
によれば、ブログ読者は一般的なインターネットユーザーと比べてテレビなどの
マス媒体の利用時間が短い、という結果がでたそうな。
ネットを始める遥か以前からテレビを見る習慣がありませんが何か?


サテ、ご近所の書店にふらりと立ち入ったのがことの始まり。
そして直接の原因は、小さな書店故に大型書店では行かないコーナーに行ってしまったこと。
そのコーナーで私の目に漢字二文字が飛び込んできた。

その文字は 荀  
荀は「じゅんいく」と読む。

荀

  書  名:荀
        ~曹操の覇業を支えた天才軍師~
  シリーズ名: PHP文庫
  版  次: 第1版
  著  者: 風野真知雄
  出版者: PHP研究所
  出版地: 東京
  出版年: 2007.03.19
  形  態: 317p,15cm
  ISBN : 978-4-569-66795-9
  価  格: ¥590




~目次~
序   章  空の器
第 一 章  出会い
第 二 章  激 流
第 三 章  限 界
第 四 章  王佐の才
第 五 章  虎 狼
第 六 章  帝の重さ
第 七 章  呂布を討て
第 八 章  身中の虫
第 九 章  決 断
第 十 章  軍師の快感
第十一章  亀 裂
第十二章  赤き壁
第十三章  王の道
終   章  最後の策略


あまりにもあまりな三国志が巷に出回っているためか、
三国志嫌悪症にかかって久しいMyrthaだが、ここ数年のMyrtha的三国志登場人物の中の
ツボ人物が魏の曹操に仕えた謀臣・荀(字は文若)なのだ。
面白そうな雰囲気を出していようが出してなかろうが、釣りであろうと、これは買うしかないだろう。
よし。釣られようではないか。風野氏よ、ちゃんをどのように殺すのかね?

というわけで、読んだ。

感想。

突っ込んでもよいでありますか?

著者の風野氏は「清流派」と「名士」をどのように理解しているでありますか?
党錮の獄は?
後漢末の思想については?
後漢末ににあのような食事や婚礼前のことがあったのでしょうか?その根拠とは?
荀が孝廉に挙げられたのは27歳だが、初出仕はそれ以前のことで
潁川で出仕していませんでしたか?
守宮令のまま棄官したのではなく、地方官に任ぜられた後に棄官しているのでは?
軍師とは?謀臣とは?

途中からはツッコミを入れる気もうせました。ある意味、立派に期待したとおりの本です。
もう少ししっかりと資料を読み込んでください。
これでは某作家がF-15を空母から飛ばせたようなものですよ。。。

ところでこの本を読んでそこはかとなく、蒼天航路と陳舜臣と北方謙三と
腐女子の香りを感じたのは私だけだろうか?
(´-`).。oO( それよりもこの表紙絵をハイ・ショーシ君が見たら怒り狂いそうだ。。。 )


人の評価は「棺を蓋って事さだまる」というが、曹操にせよ荀にせよ
1700年の時空を経た後も、評価のさだまらぬ人だといえよう。
荀にいたっては、歴史が下るにつれて詩人達の間で風流の代名詞のような扱いを
受けている一面もありますしネ♪

コメント

・・・文(あや)→文若?

めもめも。

三国志関連は筆者によって偏向甚だしいので、今だにルビコンの辺で石を投げる次第なり。

それにしても、「三国無双」でそのまま使えそうな絵ですな。

>・・・文
ハ郁ニ通ズ。
ということで、「子曰周監於二代,郁郁乎文哉。吾從周。」という
論語の八佾篇から取った名と字ではないかと思われ・・・

>「三国無双」でそのまま使えそうな絵
無双での荀は「ウフフフ」と笑みをたたえつつ敵を倒すと
聞いたことがあります。。
陳寿や裴松之は「優れた容姿、立派な外貌」と異常なまでもの
こだわりを持って書いているのにこれでは・・・

ちなみに三国志オタが出会うと、まずは
「(正史と演義と)どっち派?」という会話からはじまりますw

横山三国志で入門し、「三国無双」は4まできっちり持ってて、正史は読んだこともありませんが何か?ww

「無双」での荀はプレーヤーキャラではありませんが、「三国無双4猛将伝」の「エン州の戦い」で出てきます。声がどう見ても二十歳くらいですけどw

司馬イなら、「ふはははは」とか言いながらアヤシイ紫色の光線で相手を倒します。28歳くらいの風貌でww

>かま猫さん
横山三国志はいいですねw
吉川三国志をベースにしたもののようですが
やはりよいマンガだと思いますw

>三国無双
20歳の荀と28歳位の司馬懿ですか・・・
荀の孫と司馬懿の娘が結婚しているのですが・・・
史実とゲームとは次元が異なるということなのでしょうね^^;
荀の活躍シーン、一度は見てみたいものですw

追伸;
正史三国志はよいものです。
お手空きのときにでもご一読あれ♪

正史ファンの方にはあんまりなコメントだったかも…と、少々反省しております。少々ですけどw

ムック本は何冊か読んでいるのですが、正史はまだです。いずれ読もうと思います。

あと、私は李白のファンなのですが、Myrtha さんからならいろいろ面白いお話が聞けそうですね。そのうちお願いいたします。

>正史ファンの方にはあんまりなコメントだったかも
いえいえ。忌憚のない意見を聞かせてくださいませw
私の三国志履歴は横山三国志→三国演義→正史と変わっています♪

>私は李白のファン
了解しました~。
いづれUpしますw
あまり過度な期待をされると緊張してしまいますが
気楽に書きたいと思いますw

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。