スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖的話

切込隊長氏のセカンドライフは使えるかもしれないを読んで、今までまったく興味のなかった
Second Lifeに少々興味を示したのですが、かの世界では核攻撃まで起こっているらしいです。
第三次世界大戦はリアル世界ではなく、仮想世界で始まり、そして終わるのでしょうか?
うーん。能動的に動こうとも思わないのですが、参加してみようかしら・・・?


サテ、毎年恒例になりつつある恐怖がおとずれた。

そう、黒くてカサカサと走り回るGが出たのだ。
冬が寒ければ越冬できずに死ぬものも出るのだろうが
生憎と、この冬は暖かかったのだ。
これ幸いと生き延びたものも多いのだろう。
そして私は冬将軍の到来までこの黒くてカサカサと走りまわるGの存在に
怯え続けなければならないのだ。
どうしてくれる!地球温暖化!

なぜこのようなことを書くかというと、今現在、Gを殺虫スプレーでしとめたものの
この死体を始末しなければならず、かといって掃除機で吸い取ることも出来ず(この場合、
Gがメスだと掃除機の中で孵化する可能性がある)、箒とちりとりで屑籠へ捨てることも
出来ず(箒を通じて感じる「カサっ」という感覚にたえられない)、途方にくれているのだ。

だいたいですね!
白昼堂々と現われずに夜も更けたころにカサカサと動き回るのは
ヤマシイコトをしているからだろう!
ヤマシイコトをしていると自覚しているのだろう!
そうなのだろう!

はぁぁ・・・Gの最終始末、どうしよう。。。
Gの殺虫剤開発者はすごいなぁ。Gの飼育作業からはじめている(のだろう)のだもの。。。
「Gがいないと生態系上、大変な不都合をきたす」ということがあるのだろうか?

コメント

人はなぜゴキブリを見ると豹変するんですかねw
北海道には住んでないという説もありますが。

Wikipediaにはゴキブリの対処法もいくつか出てましたが、嫌がらせのような写真がTOPにドカンと掲載されているので、開くこと自体オススメしません。

こんなアイテムも有効らしいです。
買って来ようかなぁ。。

http://www.rakuten.co.jp/yminfo/480754/602442/518220/

幼いころに読んだ本に「ゴキブリ」というタイトルの本がありました。
その本に「ゴキブリがなにをしたというのでしょう」
という一文があったと記憶しています。
今ならハッキリと胸を張っていえます。
「ゴキブリは存在そのものが悪だ」とw

>アイテム
いざとなったら、殺虫ラケットや殺虫スプレーよりも
新聞やスリッパのほうが瞬殺できますヨw

北海道にGがいないのは本当だそうです。今日まで行っていた星ヲタ仲間の全国大会で、北海道の人に聞いたので間違いありませぬ。岩手や福島の人も見ないと言ってました。

…ていうか、よく考えたら長野の私もこっちで見たことないです。温暖化が進むと彼らも侵攻してくるのだろうか…みんなで地球環境を守ろう…オレのために!ww

北海道や岩手・福島・長野にGはいませんか!
さてはGは空気のきれいなところが苦手とみたw
Gから逃れるために空気のきれいなところへ
引っ越すというのもいいかもしれません。

ちなみにタイで見たGは10cmくらいの大きさだったような
記憶があります^^;

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。