スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我ガ宝ナリ

早稲田大がサラ金業界と癒着して御用論文を増産していたなどというニュースが、ネット界隈で流れていますが事の真偽はどうなのでしょうか?
学問は企業のためにあるわけでも、個人の出世のためにあるわけでもないと思うのですがねぇ。。。


サテ、9月18日のかま猫さん上京オフ!で、かま猫さんより、星雲の写真をいただきました。
紅の薔薇を連想させる星雲の美しさにうっとりとしてしまい、即、額縁屋さんに走りました。

星雲


かま猫さんが一晩をかけて撮影した薔薇色の星雲のような、このようなブローチがあったら
是非とも身に付けてみたいなぁ。。。

かま猫さん、美しい星雲写真を本当にありがとうございました!
末永く、Myrtha宅に飾らせていただきます(-人-)

コメント

あ。映えますねぇ写真。実にイイw

厚生労働省のタミフル研究班に、輸入販売元の中外製薬から研究費が寄付されていたのを思い出しました。>論文

大体ああいう人たちは「お金の出所と研究結果は関係ない」とか言い張るんだけども。。

おお!立派な額に入れられて、Myrthaさんに毎日眺めてもらえるとは、この写真も果報者であります!

ええっと、オフのときに話しておりませんでした(←バカ)ので、データっぽいことを少し…

これはいっかくじゅう座にある「ばら星雲」という星雲で、オリオン座のお隣、冬の大三角の中にあります。天文学上の番号はNGC2237です。

けっこう大きくて、満月の倍くらいはあるのですが、暗いので肉眼では見えません。けれど空のよい場所でなら、双眼鏡でごく微かな淡い輝きとして見ることができます。そして写真で数十分の間シャッターを開けっ放しにしておくと、こんな姿に写ってくれるのです。
この写真は今年の2月10日に、口径6cmの小さな望遠鏡とニコンのデジカメ一眼レフを使って、2時間ばかりかけて撮ったものです。

…まだまだ語りたいところですが、あとはいつか本物を見ながらご説明いたしましょう…

>Magicさん
額屋さんに写真を持ち込んで選んだだけのことはあります♪

>論文
学問って、本当にお金がかかるのですよ。
そして、そのわりにはお金にならないことが殆ど、と。。。
そんな彼らに贈る言葉は
「君子固(もと)ヨリ窮(きゅう)ス。小人(しょうじん)窮(きゅう)すれば斯(ここ)に濫(みだ)す」
でしょうか?w

>かま猫さん
すてきな写真を本当にありがとうございましたm(_ _)m

>データっぽいことを少し…
詳細なデータをありがとうございます。
実は帰宅後に「どこの星のローズ星雲だったかしら?」と
自分の忘却力の強化され具合を呪っていたところです^^;

>いっかくじゅう座にある「ばら星雲」という星雲~
幸福を呼ぶという「ユニコーン」の中にある星雲をいただけたとは、
私も幸せになれそうです♪

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。