スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験シーズン到来

中国の動画共有サイト「Youku.com」の視聴数が1日1億本を突破したそうですが、これは「Googleに買収された当時のYouTubeに匹敵」するアクセス数なのだそうな。
早速Youku.comを見てみたのですが、日本のアニメがフツーに見られたりするところをみると、JASRAC&著作権改正法案はどうするのかしらとか思ってしまいます。
ま、なまぬるく今後の経過を見守りましょうw


サテ、教科書でおなじみの明治書院のwebサイトの一角に「今月の漢文」というコーナーがある。
明治書院から刊行されている、そして高校の図書室などに置かれている「新釈漢文大系」シリーズの
宣伝を兼ねたものと思われるが、Myrthaがひそかに毎月楽しみにしているコーナーであったりもする。

昨年は日本漢詩を取り扱い、12月は忠臣蔵で親しまれている四十七士をテーマにした「泉岳寺」という
七言絶句で終わっていた。
今年はどんな詩を取り上げるのだろうかと楽しみにしていたのだ。
引き続き日本漢詩を掲載するのか、はたまたまったく異なる詩を取り扱うのか・・・

そして平成二十年戊子の漢詩は・・・

一月の漢文

白居易の著作物を集めた『白氏文集』でありました!
日本漢詩にせよ本場中国の漢詩・漢文にせよ、1月とあらば「正月のめでたさ」を選びそうなところですが、「受験生のあせり」を詠った漢詩を選ぶとは、このコラムの執筆者は一体どんな顔をしてこの詩を選び、そして執筆したのだろうかと想像しつつパソコンのモニター画面を眺めるのもなかなかにオツなものです。

しかしこのコラム、それほど広くもないスペースについてを考えると「長恨歌」などの長篇詩や文章は掲載しにくくなるような気もするのですが、そのあたりのことがどうなるのかも含めてまた1年間楽しく拝見することにしたいと思います♪

ちなみにこのコラムはInternet Explorerで見る分には「縦書き」で見られるのですが、Fire foxその他のブラウザで閲覧するとCSSが対応していないのか「横書き」になってしまうようです。
漢詩漢文を読むならば、やはり「縦書き」で読みたいものですネ♪


明治書院のサイトはこちらから
「今月の漢文」はこちらから

コメント

景気悪いな…それただの愚痴やん、白居易!w

李白とかもそうですが、古代中国の詩人って、仙人とかのアウトサイダーにあこがれる割には、インサイダー的上昇志向も強いですよね。知識人はそうでもしなければとても悲惨な人生を送るしかなかったという事情があったのでしょうか。そのへんの精神構造はどうなっているのか、ちょっと興味のあるところです。

現代中国のドキュメンタリーとか映画とか観ていると、そういう強い上昇志向は伝統として健在なような気がします。人間が多すぎる社会では、もうそれしかないって感じなのかなあ。

>かま猫さん

>景気悪いな…それただの愚痴やん、白居易!w
まぁ、「詩は志なり」といいまして、「歌いたいことをうたう」ですから^^;
「只今から禁酒します」宣言をうたったような詩もありますよw

>そのへんの精神構造はどうなっているのか、ちょっと興味のあるところです。
うーん。。。
難しい質問ですなぁ。
作詩初心者がいうのもどうかと思うのですが、「詩人が」というよりも、「どこかに世捨て人願望のある人だからこそ」詩が作れるのではないかという気がするのです。
逆に言うと、出世願望のみの人は詩が出来にくいといいますか・・・

李白にせよ杜甫にせよ、官僚になることが唯一の出世の方法であり、富貴を得られる手段であり、そして士大夫のありかたであった時代に受け入れられなかった人々なのですが、では彼らが官僚としてやっていけたかというとやっていけなかった人々であり、官僚として納まっていけた人々はよい詩を残していないのですわ。

中国の思想には儒家の思想と道家の思想の2本柱があるわけですが、これはまったく異なる思想のようでいて、その実、糾える縄のような関係でもあって、道家思想に神仙思想が結びついたというところはありますわなぁ。。。

ま、何はともあれ、かま猫さんも漢字と戯れつつ漢詩を作ってみると面白いと思いますよ♪

丁寧なレスありがとうございます。
まあ簡単な問題ではないだろうな、とは思ってましたw

芸術家と社会組織との関係は現代でもそうだと思います。今も昔も、世渡りがうまいのは退屈な人間ばっかりですもんww

>中国の思想には儒家の思想と道家の思想の2本柱があるわけですが、これはまったく異なる思想のようでいて、その実、糾える縄のような関係でもあって、

なるほど、そういう発想はなかったなあ。さすがMyrthaさん。
…でも、その縄の具体的なイメージ、当時の詩人達の心の総体としての形のイメージが、私の頭の中でうまく一つの像にまとまらない感じなんですねえ。まあ、簡単に答えが出ない問題だから興味もわくってもんなんですがw

漢詩作りはちよっと興味あります。以前作り方の本をご紹介なさってましたよねえ。そのうち読んでみるか。…婿候補の末席に加われそうだしww

>かま猫さん

>漢詩作りはちよっと興味あります。以前作り方の本をご紹介なさってましたよねえ。
この本でしょうか?
http://memorandum95.blog82.fc2.com/blog-entry-706.html
Amazonのカスタマーレビューには、
>はっきりって、漢詩の作詩入門書ではなく文法教科書です。
>「はじめて、漢詩を創作してみたい」という方には、まったく不向きと思います。
>全体的を通して、漢詩創作よりも、漢文文法に重点がおかれすぎて~
などと書かれていますが、この方は「詩もまた文章の一形態である」ということをわかってらっしゃらないようですね。。。

入門者には少々マニアックすぎることにまで触れられている本ですが、この本と『誰にもできる漢詩の作り方』太刀掛呂山・著/呂山詩書刊行会(詩語が多く書かれているw)があればとりあえず漢詩は作れると思います。
あとは、全日本漢詩連盟などの作詩団体で添削をお願いするという方法もありますヨ♪
http://www.zen-kanshiren.com/

>婿候補の末席に加われそうだしww
がんばってくださいw

ありがとうございます。ブックマークしておきます。

>はっきりって、漢詩の作詩入門書ではなく文法教科書です。
>全体的を通して、漢詩創作よりも、漢文文法に重点がおかれすぎて~

ええ~!漢詩って、あの「形式」の美しさが魅力なのに~!

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。