スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青天の霹靂

5月8日深夜1:45頃に茨城沖で地震があり、「なんか部屋が揺れている~。ドサッ!とすごい音が
聞こえたなぁ…」
などと寝ぼけつつ呑気に睡眠を楽しんでいたわけですが、翌朝部屋の中を眺めると
枕元に置かれた、というよりも、枕元に置かれている本棚周辺に積まれている本が崩れ落ちていましたよ。。。


今まで何も考えずに読み終わっては「積読」状態であった本たちは震度3だか4だかで崩れ落ちることが発覚しました。

コメント

アブナイっすよ。
本に埋もれて死ぬってのは、ある意味インテリっぽくてカッコよくはありますがw

お気をつけくださいまし。

あの地震、結構怖かったっす。
四回ぐらい揺れたような。

アレで震度3って考えると、5以上とかホントありえない……

>かま猫さん
まったく以て「アブナイ」ですねー
偶然起きていたからよかったものの、
うっかり寝ていたら顔面を直撃しているところでしたw

>本に埋もれて死ぬってのは、ある意味インテリっぽくてカッコよくはありますがw
イヤイヤ。ただのアホかと^^;
書の雪崩問題について友人に相談したところ、
「本は積むから崩れる。本棚に(立てて)入れれば崩れない」
のだとか。。。
かくのごとく言う友人の書量も相当なもののハズなのですが
どうやって整理しているのかしら・・・(-_-;)

>Magicさん
震度3でもかなり揺れるものなのですねぇ。
関東大地震とか来た日には私の本たちはどうなってしまうのでしょう(←バカw)

ところで「茨城県沖に何かがある」らしいですよw
http://guideline.livedoor.biz/archives/51071325.html

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。