スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲料水のナゾ

浅間山が噴火したり、桜島が噴火したりしていますが、次に噴火するのは富士山なのでしょうか?
さすがに富士山の噴火により2012年地球滅亡 [魚拓]と言うことにはならないと思うのですが。。。


サテ、一体全体、何故このようなものが職場に出現したのだろうか?

自動飲水器

これは右側の水色レバーをひねれば冷水が、左側のピンク色レバーをつねれば熱湯が出てくるという
中国の一般家庭に置かれている「自動飲水器」という名の飲料水用機械なワケですが、
何故か突然職場に出現しました。

冷水はともかく、ポットくらいあるのに何故?
しかも全部署というならばともかく、私のいる部屋のみです。
社長の中国かぶれは今に始まったことではありませんが、ここまで中国風にする必要があるのでしょうか?

そして何よりの驚きは、この機械(日本名不明)が日本でも製造されていたということだったりしますが^^;
因みに80℃に設定されているらしく、カップラーメンを作るには向かないようですw

コメント

なんかこれ、私が時々出演する地元コミュニティFM局にもあったような…

こっちは浅間山のお膝元ですが、まだ煙が白いので大したことはありません。もっともこっちは風上側なので、群馬の方はわかりませんけど。

カップ麺が作れないお湯なんて、お湯じゃない!
それにしてもマヤ歴、そろそろですか。。
人間ってどこかで終末を求めてるのかな……?

>かま猫さん
いまのところ、ご無事のようで何よりです。
地元のFM局にもあるとのことですが、日本でも比較的メジャーな機械なのでしょうか?
私は中国の専売特許とばかり思っていましたヨw

>Magicさん
>カップ麺が作れないお湯なんて、お湯じゃない!
誠にごもっともであります。
製造元は直ちに100℃に設定し治すべきである!とか思いますた。
>終末思想
とりあえず、世界同時不況も、日本の少子高齢化問題も、ワタクシの給料が上がらないのも、
み~んな終末思想のせいにしておきましょう。
それがきっと、一番幸せで安全な道なのです(多分)。。。

怒濤の亀レスでスマソm(_ _)m(挨拶)

 確かに中国とか韓国にありそうなウォーターサーバーですなぁ。中には「六甲のおいしい水」とかが入れてあるんだろうか。
>因みに80℃に設定されているらしく、カップラーメンを作るには向かないようですw
 うーむ、お茶専用なんだろうか。それも玉露とかの高級茶用とかw

 あと、中の水を補充するトキに、水道の蛇口からホースとかつないで補充してたりすると笑うんですがw

>こたつさん
亀レスでもコメントをいただけると嬉しいですよん♪

>韓国はわかりませんが、確実に中国にはありますなぁ。。。
「六甲の美味しい水」が入っていたらペットボトルの所にそういったラベルを貼っておいてください!
とか思いますw

>中の水を補充するトキに、水道の蛇口からホースとかつないで補充してたりすると笑うんですがw
中国ではやっていそうな気もしますが、とりあえずこのペットボトルごと外して、また、
水入りペットボトルを挿入する仕組みになっているようです。
中国では使用済みペットボトルを自転車の後ろに20個くらいくくりつけて、ガランゴロンと
音を響かせて道を走っている「水売り」がいますよ~

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。