スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球に優しい?

京都議定書やらハイブリットカーやら、バイオエタノールやら、二酸化炭素削減やら、
イロイロと騒がれていますが、下記のようなニュースを目にした。

弱る太陽 活動200年ぶりの低水準

太陽の活動が200年ぶりの低水準にまで落ち込んでいる。これまでのパターンだと再来年には活動の極大期を迎えるはずなのに、活発さの指標となる黒点がほとんど現れない。研究者も「このままだと地球はミニ氷河期に入る可能性がある」と慌て始めた。

 太陽の活動は約11年周期で活発になったり、静穏になったりというパターンを繰り返している。活動ぶりの指標が表面にシミのように見える黒点。黒点の周辺では爆発現象が多く起こり、黒点が多いほど、太陽の活動が活発だ。

 ところが、ベルギーの太陽黒点数データセンターによると、黒点の多さを表す「相対数」は08年が2.9で、過去100年で1913年の1.4に次ぐ2番目の少なさだった。今年はさらに減り、4月までの暫定値が1.2と、1810年の0.0以来の低水準に落ち込んだ。

 太陽から放出される陽子などの流れ(太陽風)も07、08年は過去数十年とまったく違う。静穏期の太陽風は遅い風が赤道に、速い風が北極と南極に集まるが、名古屋大太陽地球環境研究所の観測では、07、08年は赤道付近にも速い風が多く現れた。徳丸宗利教授は「太陽の磁場が弱まっている影響だろう」という。この磁場の弱まりも、黒点の減少と関係があるとみられる。

 太陽活動には数百年周期の変動も知られる。17~18世紀には約70年間、黒点がほぼ消え、欧州では英国のテムズ川が凍るなど「ミニ氷河期」に陥った。東京大宇宙線研究所の宮原ひろ子特任助教は「ここ1千年でも活動の極小期が5回あり、前回が1800年ごろ。歴史的には、そろそろ次の極小期に入ってもおかしくない」と指摘する。

 国立天文台の常田佐久教授は「X線や光も弱まっている。今後、再び黒点が増えても、従来のような活発さになると考える太陽研究者は少ない」と話す。(東山正宜)


うーん。。。
どのように考えればよいのだろうか?
1,温暖化キャンペーン終了のお知らせ
2太陽の黒点数と人類の経済活動との関係性
3,誰かの陰謀論
4,太陽的優しさ
5,日本沈没
6,環境問題のラスボス登場
7,宇宙規模で不景気
8,食料収穫量の減少と燃料需要の増大が終わりの始まり
9,地球温暖化防止対策に太陽も参加
10,

・・・ダメだ。10個目の考えが浮かばない。
こりゃ、温暖化が終わる前にMyrthaが終わるかもね。。。

太陽のこともよくわからないので、情報通信研究機構宇宙環境計測グループの
宇宙天気ニュースにまかせる!

コメント

私も商売柄太陽黒点はちょくちょく見ています。11年周期の「底」は一昨年くらいのはずだったのに、それからちっとも増えてきません。17~18世紀の静穏期は「マウンダー小康期」として私達天文ファンの間でも有名ですが、去年くらいから「あれの再現だったりして…」なんてなことを囁きあっていました。

まあでも、太陽の黒点だって系統的に観測を始めてから高々400年。それ以上の周期の変動は誰も知らないわけです。太陽は人間の活動なんて気にしていませんし、逆に人間なんてものは、太陽の「ご機嫌」次第でどうにでもなってしまう存在でしかない、ということでもあります。

いずれにしても、このまま長期の静穏に入るのかどうかは、まだもう少し様子を見る必要があるでしょう。

10,ハイドロコスモジェン砲の開発・・・あ、これじゃ逆か!

10. 太陽がくしゃみをしたら人類滅亡

http://www.youtube.com/watch?v=p9cHlijpp7Q

>かま猫さん
悠久の歴史を紐解くと、人間一人一人の一生の短さを感じますが、これを宇宙規模にまで拡大していくと
一個人の寿命はおろか、人類史さえも羽毛よりも軽く感じてしまいます。
荒ぶる太陽が穏やかで、暖かい日差しを送り続けてくれることを祈るばかりです(-人-)

>ハマモラさん
10番目に「ハイドロコスモジェン砲」の名を即座に挙げてくるハマモラさんのセンスが私は 大 好 き です!
でもここはどちらかというとプロトンミサイル・・・ゲフンゴフン いえいえなんでもありませぬ。。。

>Magicさん
ようつべの初めの1シーンで「お下劣だぁ~」と思ったのですが、おならもここまですさまじい破壊力を
秘めているとなると冷や汗をかくより他ありませんねw
案外、恐竜絶滅もこのようなものだったのかも知れませんネ^^;

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。