スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナトリア旅游5・カッパドキア編(下)

5日目。
昨日と同じメニューの朝食をとり(1ヶ月滞在しても毎日同じなのだろうか?)、食後、昨日お世話になったメフメット夫妻へのプレゼントとして、折り紙で「くす玉」を作る。
海外旅行の際、どうしても言葉のハンディキャップが生じるため、それを補うコミュニケーション・ツールとして「折り紙」を持っていくことにしているのだ。折り紙はいまや「Origami」として世界的にも知られているようであり、プレゼント用に自分で折ってよし、異国で知り合った友と一緒に折ってよしの便利なツールとして、大いにMyrthaを助けてくれるのだ。

am10:00頃。
Peri Hotelをチェックアウトし、ギョレメ村を散策することにした。
下記の写真が2泊3日お世話になった部屋の鍵なのだが、何とレトロな鍵であろう!まるで、いや、どう考えても漫画の中にだけ登場するような鍵だ!そしてこの鍵はMyrthaとポエ爺が別々の部屋に泊まっていたという動かぬ証拠でもあるのですゾ☆

periの鍵


Yama Tourのオフィスに荷物を置かせてもらい、ギョレメ村を逍遙。
そういえば、3日も滞在していながら一度も村の中を散策したことはなかったなぁ。。。

村の中を歩いてみると、観光地だけあって、レストランと土産物屋が多い。
トルコ絨毯やガラス食器、ナザール・ボンジュウをふくらませた風鈴のようなものもある。
土産物屋にふらりと足を運んではチャイをごちそうになりつつ世間話(?)をし、またふらりと別の店へ足を向け   .
土産物屋で客がお茶をごちそうになり、何も買わずにふらりと店を出てしまっても良いものだろうか…?などと不安に思ってしまうが、ポエ爺は別に気にする風でもなく、「ありがとう」と礼を言っては店を出て、店の主も別段嫌な顔をするふうでもない。せかせかした世界に住む人間としては不安になってしまうが、どうやらこれがこの村の日常のようでもある。ゆっくりとした時間の中で、せかせかせずにおおらかに、ゆったりと生活を送っているようだ。なんともうらやましい話ではないか。

ギョレメ村


トルコのレストランは屋外で食べる方が一般的で、どんなに小さなレストランでも必ずといって良いほど、店の外にテーブルと椅子が置かれている。

ギョレメ村


Yama Tourへ戻り、タウグ・ドネルサンドイッチ(鶏肉と野菜のサンドイッチ)をご馳走になり、Peri Hotelで朝食後に作ったくす玉をプレゼントしたり、しばしの歓談。
「これって、営業妨害じゃないのかなぁ・・・」などと心配しているのはどうやらMyrtha一人だけらしい。
ポエ爺はおろか、メフメットさんもマリコさんも慣れたもので、のんびりとお付き合い下さるのだ。

夕刻。
ポエ爺に誘われて、ギョレメ村のテペ(=丘)に向かう。
住宅街を抜けて坂道を登ることしばし。
目の前が開けたころ。
突然現れたのは、2日間見まわった、あのきのこ岩だった!

ギョレメ・テペ

すごい!
360度大パノラマのきのこの奇岩群にしばしば言葉を失った。
カメラに納められないのが何とも残念だが、それと同時に、360度の大パノラマを自由に見ることの出来る「人間の目」というものの偉大さを感じられずにはいられなかった。

ギョレメ・テペ


ギョレメ村へ目を向けると、そこは夕日を浴びて静かに夜のとばりを待つ村の姿があった。
自然と、人々の生活とが渾然一体となって存在する、不思議な空間だった。
そして、「来て良かった」と思えた瞬間でもあった。
この風景を目にすることが出来たのは、「ポエ爺あってのこと」といっても過言ではないのだ。

ギョレメ・テペ


テペの麓を見れば、そこには馬が飼われていた。
丘を下りて馬を間近で見てみたいが、そこまでの時間はなく、感動を胸にしたまま、静かにテペを下りた。

ギョレメ・テペ


Yama Tourに戻り、お世話になったメフメットさんやマリコ夫人に重ね重ねの礼を述べると、「またいらっしゃい。今度はとっておきの場所に案内するヨ」とのありがたい言葉をいただいた。是非ともまた訪れたいものだ。
ギョレメ村の中心にあるオトガル(バスターミナル)からSüha社の長距離バスに乗って、この、現実世界にあるとは思えない、どこか別世界のように感じられてならないカッパドキアの地を後にした。


※トルコ旅行ひとくちメモ
カッパドキアはとても広いので、観光する際には拠点となる町を決めると良い。たとえば、遠方からのバスの便の多いネヴィシェヒル、カイセリからのアクセスが多く、上級ホテルの多いユルギュップ、川のほとりの静かなアヴァノス、これらの町の中心にあるギョレメがよいだろう。
また、カッパドキアは見所も多いので、見学日程として、丸2日は当てたいところだ。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。