スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都幾川觀櫻

風は優しくそよぎ、桜の花は今が散り時とばかりに花片を舞わせる今日この頃。
少々時期を失したきらいもありますが、お弁当を持って花見に行ってきました。

今回行ったのは東武東上線の武蔵嵐山駅から徒歩で20分ほど歩いたところにある都幾川の堤防上2kmにわたり252本もの桜の木が植えてあるところです(都幾川桜堤というらしい)。
先週、知人から「まだ(さくらは)一分咲きだったねぇ」と情報を得ていたので、「今週辺りは如何だろうか?」と思い、逍遙してきました。
この辺りは江都に比べると若干気温が低いのか、今が見頃とばかりに櫻の花が咲き誇っていました。
う~ん。ドンピシャリのタイミングだったようですねぇ。。。

薄い色の桜とこれまた薄い色の春の青空が良く合います♪

都幾川桜堤


大平山を遠望して   

都幾川桜堤


桜の咲く堤と、種植えの始まる前の畑と遠くに連なる山々。
こんなところで自適な隠遁生活が出来たらよいだろうなぁと思うMyrthaでありました。


都幾川桜堤の詳細はこちらから

コメント

隠遁生活・・・今から考えますかw
若いうちからでも畑を買って自給自足で生活というテもありますよ。

>ハマモラさん

「今から」ではなく、10代からの願望ですよw
自給自足の隠者生活には「先立つモノ」がなければならないのが玉にキズです(T_T)

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。