スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナトリア旅游12・ベルガマ篇(下)

12日目。
昨日や一昨日とまったく同じようで微妙に異なるような気のする朝食を食べ、昨日行ったアスクレピオンから微かに見えた未発掘の遺跡を見に行ってみようと言うことになった。
宿泊施設のチェック・アウトは10:00だと思い込んでいるMyrthaは部屋の引き渡しの時間までに戻ってこられないであろうことを心配したが、ポエ爺はまったく気にせず、「GOBIバーバーはバスに乗る時刻まで居ていいって!」と暢気に構えている。友人待遇なのか、常連(?)待遇なのか、もはや考えるのもばかばかしくなってきた。
とりあえず、未発掘の遺跡を見に行こうではないか!

アスクレピオンから北の方を眺めた時に現れた未発掘の遺跡を尋ねてまずはメインストリートを北上し、アクロポリス方面へ歩く。そして、メインストリートの終わるあたりを左折してひたすら西に向かって歩く。住宅街に入って途中、道行く人が近づいてくると、ポエ爺は「気をつけて」と緊張した小声を発し、足早に通行人から遠ざかった。子供達は相変わらず「Money! Money!」と近づいて来ては大人の姿を見ると声を潜め、再び「Money! Money!」と言い続ける。無言のまま足早に子供達からも離れて遺跡を目指した。

住宅街をぬけて緩やかな斜面まで来ると、さすがに子供達もここまではついてこない。遠巻きにこちらを眺め、時折小石を投げてくる。「ケチな外人」とでも思っているのだろうか?
子供達の方を見つつ、ポエ爺に訊ねた。
「ああいったことを平気でやるのは教育や親の躾のせいかね?」
「それもあるし、あとは経済問題だね。このあたりは市内でも貧しい人が多い一角なんだ。女性が一人で来るところではないね」
恒産なき者は恒心なし、か・・・いずれ、教育問題に経済問題もからめて考えてみようかと思うMyrthaであった。

子供達に背を向けて緩やかな坂を下っていくと、そこには埋もれかけた遺跡が静かに佇んでいた。

水上競技場跡


入口とおぼしきアーチをくぐってみる。
未発掘の遺跡といえども、多少は修復されているようだが、いつ崩落するとも限らないのでおそるおそる足早にくぐった。

水上競技場跡


アーチをくぐったところで目線を下にやると、トンネル状のものがある。
埋もれたのか、もともとトンネルのように掘ったものなのか、見当もつかない。

水上競技場跡


遺跡からアクロポリスを遠望。
擂り鉢状の野外劇場と、トラヤヌス神殿が青空によく映える。

水上競技場跡


ふたたび遺跡に目を向けると、今度は三連のアーチが目に入った。

水上競技場跡


それほど大きな遺跡にも見えないが、やはり埋没しているのだろうか?

水上競技場跡


一通り見終わった後、ポエ爺に解説を求めると、この遺跡はローマ帝国時代の水上競技場跡であるらしい。
資金難なのか、発掘作業が行えずに放置状態になっている遺跡がベルガマ市内には多数あるという。「ボクに大金があれば発掘作業をするのになぁ。。。作業をする時には有能な現場監督者が必要で、この人がキチンとした人でないと発掘をする人が遺物を盗んでしまったりと大変なんだよ・・・」
ポエ爺は発掘作業に携わったことがあるのだろうか?

未発掘の遺跡改め、未発掘の水上競技場跡を後にしてもと来た道を足早に戻る。先ほど小石を投げてきた子供達の姿はすでになく、照りつける太陽の下で牛馬の糞の風化を待つ姿があるばかりだ。

突然、ポエ爺が声を上げた!
「もう一度アスクレピオンに行く!昨日フィルムが無くなって写真が撮れなかったから!」
そうなのだ。このデジカメ全盛期の時代にポエ爺はフィルムを入れて撮影する一眼レフを愛用しているのだ。何度も行っているはずなのにそのたびに写真撮影は必要なのかとなかば呆れつつも、アスクレピオンを再訪することにした。

入口の管理人は「二日続けてくるとは物好きな観光客だ」という心を隠さずにニヤニヤと笑いつつ中に入れてくれた。
喜々としてシャッター音をうならせるポエ爺を傍目に、近くの石に腰を下ろし、暑さをやり過ごした。日が中天に上る頃は本当に暑いのだ。

ひとしきりシャッターを切りつづけたポエ爺だがさすがに飽きたのか、撮るものがなくなったのか、満足そうな顔を向けてきたので、アスクレピオンを出て街へ戻ることにした。昨日は気づかなかったが、この近くには軍の施設があるようで、兵士の姿がちらほらと見られる。

街へ戻るとポエ爺が買い物をしたいといい、商店へ入ってしまった。しばらく待つと中から大きな袋を両手にして出てきた。普段買い物らしい買い物をしない人が珍しいと思って購入物品について訊ねると、「チャイ道具を一式買った」とのこと。つまり、日本酒を飲むおちょこにぴったりのチャイカップと、ソーサーと、ティースプーンと、チャイを湧かす二層式ヤカンを買ったというのだ。どうやらポエ爺は日本に帰ってもチャイを飲み、トルコに思いを馳せるつもりらしい。チャイの茶葉が無くなったら煎茶でチャイの雰囲気を味わうつもりだろうか?

Gobi Pensionに戻ると、いつの間にか私は「GOBIバーバーの娘」ということになっていた。トルコにお父さんの出来るのは素敵なことだが事情がよくわからず、またポエ爺に解説を求めた。それによると、何でもトルコ族というのは元々が遊牧民族であって、部族ごとでかたまって生活をしていた。そうすると、牧草を求めて移動している時に他の部族と遭遇することもあるが、そのたびに争いをしていては無益であるから衝突を避けるために義理の親子・兄弟関係を結ぶこともあった。これはその名残り、とのこと。

夕方になって、GOBI一家が「さよなら&また会いましょうパーティー」と称してトルコの伝統的な家庭料理を振る舞ってくれた。
(写真はポエ爺を囲むGOBI家の人々↓)

GOBI Pension


GOBI母の心のこもった手料理はとても美味しく、自分の胃袋の小ささが恨めしいほどだった。ポエ爺は自称3500歳という超高齢でありながらぱくぱくと料理を口に運び、舌鼓を打っているというのに!嗚呼、我が胃袋のなんと貧弱なことよ!
どのようなレシピなのかと思って、接待に忙しいGOBI母に代わってGOBIバーバーにメニューを書き出してもらったが、達筆すぎて解読不可能だった(T_T)しかしながら、野菜と羊肉のトマト煮、ピラフ、ヨーグルトの冷製サラダ、スープ、トルコ風ミルクプリン、エクメックであったのは間違いない。

名残の尽きない晩餐も終わり、荷造りをして、GOBIバーバーに「また遊びに来る」と約束をして、この温かい一家と別れ、オトガルへ急いだ。
21:20。
イスタンブールに向かって、バスは夜の街中を静かに走り出した。


※トルコ旅行ひとくちメモ
ベルガマ(Bergama。旧称:Pergamon)はトルコ共和国の西部、エーゲ海から約20km内陸に入ったところにある人口10万人程の地方都市で、現在はイズミール県に属している。イズミール市の北方約90kmに位置し、同市からバスに揺られること2時間程度で到着する。市域はバクル川(カイコス川)下流域の平原北部に展開し、煙草や無花果などの集散地であり、製綿業などの基本産業の他にアクロポリスやアスクレピオン、クズル・アウルなどの観光資源に恵まれた都市だ。海岸にむかって20分程度自動車を走らせると、ディキリという海水浴に適した保養地があり、彼方に浮かぶレスボス島を眺めることが出来る。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。