さくら、さくら♪

さ~く~ら~♪ sakura~♪
新宿御苑(Map)では桜の花が満開らしいと聞き、日本人らしく(?)お花見に行ってきた。

とはいっても、新宿御苑は酒類の持ち込みが禁止の為、お酒を飲みながらの正統な(?)花見は出来ない。しかも、驚いたことに入口で酒類持ち込みに対する荷物検査までやっていたのですゼ(-_-;)
また、17:00閉園の為、夜桜見物はできないが、それでも桜の花は人間の都合などは斟酌せずに咲き誇っていた。
そんなわけで、お弁当を持っての花見は後日楽しむこととして、純粋に桜見物のみをして来た。

新宿門近くに咲き誇るちょっぴりピンク色が濃いめの陽光桜(ヨウコウザクラ)。
愛媛県の高岡正明氏によって、「里桜」の天城吉野(アマギヨシノ)と寒緋桜(カンヒザクラ)との交配によって作り出されたのだとか。

新宿御苑


飲酒なしでお花見を楽しむ人々。
彼らは酒に酔わず、桜に酔っているようだw

>新宿御苑


御存知、染井吉野(ソメイヨシノ)。
漢字で書くとイメージが異なると感じるのは戦後教育のなせる業か?何となく「ソメイヨシノ」と書いた方が植物っぽく感じるなぁ。。。

新宿御苑


クリスマスローズも満開。
クリスマス時期に咲くわけではないのに「クリスマス」と名前がつくのは何故だろう?

新宿御苑


緋木瓜(ヒボケ)も満開。

新宿御苑


大温室という名の熱帯植物園もある。

新宿御苑


大温室内にはバナナや   .

新宿御苑


チョウセンアサガオなどが植えられている。
この花は一般住宅の庭でしばしば見かけるけれど、こういう名前の花だったのね^^;

新宿御苑


おぉ!これが「沙羅双樹」なのか!と、思わずつぶやいてしまったサラソウジュさん。
「沙羅双樹の花の色、盛者(じょうしゃ)必衰の理(ことわり)をあらわす」なんて平家物語の一文を思い出すなぁ。。。

新宿御苑


タコノキ。
どの辺が「タコ」なのだろうか?

新宿御苑


ミッキーマウスノキ。
これまたどの辺が「ミッキーマウス」なのか不明(-_-;)むしろこちらの方がタコっぽいのではあるまいか?

新宿御苑


トックリヤシ。
これは何となく納得のいく名前、かな?

新宿御苑


キンシャチというサボテンの一種。
小さなものは園芸屋さんに売っているけれど、ここまで大きなものはそうそう見ないなぁ。

新宿御苑


キッショウテン。
キジカクシ科(リュウゼツラン科)と書かれているということは、テキーラの原料になる?!(←なりません)

新宿御苑


ランの一種。
ランはこのように全て鉢植えで展示されている。

新宿御苑


スイレン。
この季節に咲くということは、外来種なのだろうか?

新宿御苑


名称不明のお花。
室内で壁掛けの花として観賞用にいいかも?

新宿御苑


食虫植物。
ウツボカズラの一種だったかな?ここまで大きいと、少々不気味さを感じる。

新宿御苑


室内はガラス張りになっており、屋外の桜が見える。

新宿御苑


出口右手にある旧植物園の遺構。
特別面白みを感じる物でもないけれど、とりあえずオマケw

新宿御苑


これもヨウコウザクラ。

新宿御苑


玉藻池のタカトオコヒガンザクラ。
水面に映る桜と石燈にうっとり、ホッとしてしまうのは、日本人だからなのか、万国共通なのか。。。

新宿御苑


お腹を空かせている冬眠明けの亀。
鑑賞客の投げ入れたアイス最中の皮にぱくついている。

新宿御苑


しだれ桜のシャワーだー!
真下から見ると、本当に桜の花を浴びているように感じる。

新宿御苑


夕暮れのドコモタワーを遠望。

新宿御苑


道端にひっそりと咲くハナニラ。
ハテ?種が飛んできて増えたようにも見えないのだが・・・

新宿御苑


漢方薬でもおなじみのサンシュユ。
花弁よりも蕊の方が目立つ風変わりな花だw

新宿御苑


新宿御苑旧御涼亭。台湾閣ともいうらしい。
皇太子(後の昭和天皇)御成婚時に台湾在住邦人の有志から贈られた物で、清朝中期以降で台湾で用いられた閩南(びんなん)建築様式で作られた本格的中国風建築なのだとか。

新宿御苑


内部から見れば中国の亭のようであると思えるが、遠くから見ると、中国風なのか、琉球風なのか、今一つわかりにくい。

新宿御苑


夕暮れの空と青空の交じる中、のんびりと桜を見つつ苑内整理係の警備員の誘導によって、園外に出ましたとさ♪

新宿御苑


新宿御苑の詳細はこちらから
新宿御苑のBlogはこちらから

サテ、青空に映える桜を鑑賞してお腹いっぱい、満足したかというと、そうもいかない。
ここは一つ、夜桜も見たいところだ。
そんなわけで、六義園(りくぎえん,Map)にも足を運んでみた。
六義園は五代将軍徳川綱吉の側用人柳沢吉保が自らの下屋敷として造営した大名庭園であり、六義とは中国最古の漢詩集とされる詩経の六義(風、雅、頌、賦、比、興)を紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来するのだとか。

通常は17:00閉園であるが、お花見のこの季節は21:00まで開園しているので、ライトアップされたしだれ桜を楽しむことが出来る。

六義園


暗くなるのを待ちつつ中の島を遠望。

六義園


宜春亭。
抹茶を楽しめる茶屋となっているが、庭園を見ながら抹茶を楽しんでいると、このように鑑賞客のカメラの格好の餌食となる。しかしここがオープンしているのは初めて見るなぁ。。。

六義園


日中は中に入れるが、夜間は通行止めになっていた滝見の茶屋を遠望。
だんだんと暗くなってきた。

六義園


園内の半分程は夜間通行禁止となっていたが、半周ほどして戻ってくると、夜空に映えるしだれ桜がライトアップされていた。
これは美しい。
惜しむらくは光の都合によって夜空に白っぽい斑点が浮き出た写真になってしまったが、それでも十分な美しさを感じられる。

六義園


これは桜の裏手から見たところ。
枝枝が支柱によって支えられているのがわかるが、この桜は一体どれほどの樹齢を重ねているのだろうか?

六義園


今までのしだれ桜の写真には極力人を写すまいと思いつつ撮影をしていたのだが、実はこのしだれ桜の開花時期は下記の写真のように黒山の人だかりが出来ているのだ。
(´-`).。oO( 心霊写真でも撮ったかのように斑点が目立つなぁ・・・ )

六義園


入園料を払うにも行列、撮影をするにも行列のこの時期は、六義園が最も混雑する時期だろう。なぜならば、それは、表の通りに目をやれば、観光バスが何台も停まっているほどだからだ。

六義園の詳細はこちらから

おまけ
Sakura "Cherry Blossoms";Traditional Music of Japan, Classical Koto Music 日本の伝統音楽 -YouTube-

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する